FC2ブログ

うつ病の原因別分類


軽症うつ病 「ゆううつ」の精神病理

軽症うつ病 (講談社現代新書)軽症うつ病 (講談社現代新書)
(1996/02/20)
笠原 嘉

商品詳細を見る


笠原先生は本書では、うつ病を原因別に3種類に分けて紹介されています。

脳に原因があって起こる〝ゆううつ〟
心理的な悩みから起こる〝ゆううつ〟これを「心因性うつ」
特に理由もなく、ひとりでに起こる〝ゆううつ〟を「内因性うつ」と3つに分類し、さらに内因性うつ病には「単極型」、「単極そう病」、「両極型」の3つに分類されます。

本書をもとに以下、原因別にうつ病を整理しました。

うつ病の分類
 ヤンセンファーマ社メンタルナビより

            

●身体因性うつ病
○器質性うつ病 脳にある病気を原因とするうつ病です。例えば、脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷による後遺症、認知症などを原因とします。
○症状性うつ病 脳以外の身体にある病気を原因とするうつ病です。例えば、糖尿病、慢性腎不全、重症貧血、パーキンソン病、消化性潰瘍、インフルエンザなどを原因とします。


●内因性うつ病
性格や体質、遺伝など内部的な要因を発症の原因とするうつ病。
○双極性うつ病 いわゆる「躁うつ病」のことで、うつ状態とそう状態を交互に繰り返します。
○単極性うつ病 うつ状態のみを繰り返します。
○退行性うつ病 中年期以降に発症します。


●心因性うつ病  
ストレスなどの精神的な重圧を発症の原因とするうつ病。
○神経症性うつ病 本人が意識しないまま、精神的な葛藤が発症の背景にあるうつ病です。
○疲弊性うつ病 長期間の心理的ストレスによって生じるうつ病です。
○反応性うつ病 特定のストレスや体験によって引き起こされるうつ病です。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

境界性パーソナリティ障害の特徴


境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書)境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書)
(2009/05/27)
岡田 尊司

商品詳細を見る


アメリカのデータとして一般人口の2%、精神科外来の患者の11%が境界性(ボーダーライン)パーソナリティ障害の診断基準に該当し、日本でもその水準に近づきつつあると紹介されています。

『青年期に多く、若い年齢層に限れば、その割合はぐんと跳ね上がる。また、女性に多く、その頻度は男性の約4倍[p.17]』

『多くは三十代半ばから落ち着き始め、年齢が上がるとともに改善していく[p.35]。』

DSM-IV-TRの診断基準をもとにした境界性パーソナリティ障害の特徴です。

①見捨てられることに対する不安が強い
②対人関係が両極端で、不安定である
③めまぐるしく気分が変わる
④怒りや感情のブレーキが利かない
⑤自殺企図や自傷行為を繰り返す
⑥自己を損なう行為に耽溺(たんでき)する
⑦心に絶えず空虚感を抱いている
⑧自分が何者であるかわからない
⑨一時的に記憶が飛んだり、精神病に似た状態になる

「困った性格」というより、あるきっかけからそういう状態になる。本書では境界性パーソナリティ障害は〝発症する〟という表現を用いています。

境界性パーソナリティ障害では気分変調症、非定形型うつ病を伴うことが多いそうです。

うつ病にも様々なうつ病があり、その中でも、症状が重く、不眠、食欲低下、体重減少、意欲低下、焦燥感、希死念慮などが強いタイプを「大うつ病」または「メランコリー型うつ病」といいます。

比較的軽いうつ状態を繰り返すものを「気分変調症」、過食や過眠を伴い、周囲に対して攻撃的な傾向が見られやすい「非定形型うつ病」も近年増えてきています。

追記 境界性パーソナリティ障害の診断基準

対人関係、自己像、感情の不安定および著しい衝動性の広範な様式で成人期早期に始まり、さまざまな状況で明らかになる。以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)によって示される。

(1)現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )

(2)理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式

(3)同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観

(4)自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)

(5)自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し

(6)顕著な気分反応性による感情不安定性(例:通常は2~3時間持続し、2~3日以上持続することはまれな強い気分変調、いらいら、または不安)

(7)慢性的な空虚感

(8)不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)

(9)一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状

[『DSM-IV-TR 精神疾患の分類と診断の手引 新訂版』医学書院より]




テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

製薬会社の使命


医薬品クライシス - 78兆円市場の激震

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)
(2010/01/20)
佐藤 健太郎

商品詳細を見る


現在、世界最大の売上をほこる医薬品はファイザー社の高脂血症治療薬リピトールです。

『そのピーク時売上は全世界で何と年間1兆600億円にも達した[p.13]。』

2008年、日本で最も売れた車であるホンダのフィットでも年間売り上げはせいぜい2000億円と、この数字の大きさについての比較が紹介されています。

『製薬会社は軒並み総売上の約20%という巨額を新薬開発に投じており、世界最大手・ファイザーの研究開発費は年間9000億円近くにも上る[p.15]。』

他の多くの製造業の研究開発費は売上高のせいぜい2~6% それでも発売される新薬は年間たったの15~20製品にすぎません。
全く関係ありませんが、オリンピックでは一回の開催で数百人の金メダリストが排出され、如何に医薬品を市場に発売するのが難しいかがわかります。

『世に出た一つの新薬の陰には、何百、何千とうい失敗に終わったプロジェクトの累々とした屍の山がある[p.16]。』

そして、臨床試験を経て医薬品を発売するのは年々難しくなってきています。安全性確保の面や、既に発売済みの薬剤の効果を上回るものを作るのは大変難しいことです。

武田薬品工業は国内トップクラスの優良企業で、製薬業界は安定した企業ばかり・・・これは大間違いです。
一発当てれば中堅企業から大企業へと大逆転があり、そして大手でも新薬を発売できなければ売上は下がっていき、中堅企業へ転落、リストラあるのみ、という極めてギャンブル性の高い業界です。

本書は製薬業界にかかわる方々にはぜひ読んでいただきたいと思います。面白いことがたくさんありすぎて、ブログに書ききれません。

概要のみを紹介しますので、本書でご確認ください。

                           

■医薬品の効果の鍵はタンパク質
ほとんどの医薬品はタンパク質を標的としていて、水素結合や疎水結合などでゆるやかに結びつき、効果を発現します。がっちり結合してしまいますとタンパク質の機能は無くなってしまいます。多くの医薬品の標的となるのは患者の体内のタンパク質なのでこうした乱暴は許されません〝ゆるやかに〟というのが鍵です。この大前提のもとで医薬品の開発が始まります。

■薬効成分と胃酸の戦い
胃の中はpH約1.5という強烈な酸です。酸は効率的に有機化合物(医薬品成分も)を分解する能力があります。ここにペプシンなどの消化酵素が混じり、摂氏37℃の温度で攪拌されますので医薬品成分にとっては過酷な環境です。この過酷な条件に打ち勝ってここを通過できる強い化学構造を持った医薬品を作る必要があります。
胃は第一の関門で、人体には医薬品が効果を発現する部位に到達するまでの関門がまだまだあります。

■熾烈な特許戦争
医薬品の申請された特許は、成立するか否かにかかわらず、一年半後にその内容が公表されます。そこには合成方法、薬理活性などの極秘データが詳細に書かれていますので、他社はそれを見て研究開発を進めることが可能となります。ボーっとしていると他社が特許情報をもとに新薬を開発、発売してしまうことにもなります。

■失敗は成功の母
ファイザー社に有名なバイアグラという薬剤があります。当初は狭心症の治療薬として開発が進められていました。しかし、効果が少なくて有用性を証明できず、開発がとん挫してしまいます。
ところが、男性の服用者に勃起現象が起きることが判明。結局この薬は、本来の目的の心臓の冠動脈には作用しませんでしたが、陰茎周辺の血管には作用して充血を促し、結果として勃起が起きるということが明らかになりました。
開発を進めていたファイザー社はこの結果をもとにED(勃起不全)治療薬へと方針を切り替え、こちらの用途では臨床試験で見事、有用性を証明することができました。

偶然から生まれたこの薬剤は画期的薬剤として、世界中で話題となり年間3000億円もの売り上げをもたらすベストセラー薬剤となったのはご存知のとおりです。

このような偶然から生まれた薬剤はときどきあります。そのほかに有名なのは、山之内製薬(現アステラス製薬)の前立腺治療薬ルナールがあり、ハルナールはもともと降圧剤として開発されていました。この薬剤も同社のブロックバスター(年商10億ドル越え)となっています。

つづく



テーマ : ビジネス書レビュー
ジャンル : ビジネス

臨床試験データの確認事項


医学統計ライブスタイル - ドキドキワクワク論文☆吟味。

ドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイルドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイル
(2009/01/21)
山崎 力

商品詳細を見る


本書はライバル会社のMRからすすめられ購入。読んでみますと恥ずかしながら知らなかったことも多く、大変勉強になる一冊です。MRの皆さんはぜひご一読ください。

私たちMRは医薬品の臨床試験データを医師や薬剤師の先生方に紹介する機会が多々あります。自社医薬品と競合品やプラセボ(薬効を持たない偽薬など)が統計的に有意な差があるだとか、無いとか、発症率を何%低下させたとかといった内容を紹介します。

本書を読みますと自社のあの試験、そういえばどっちだっけ?とかがでてきましたので、一度、確認しようと思っています。以下概要です。

■臨床試験データで大事なのは一次エンドポイントのみ。
山崎先生も次のように述べられています。

『一次エンドポイントはすごく大事なんです。二次エンドポイントはおまけです[p.50]。』

二次エンドポイントを宣伝するということは、野球の試合で得点は負けたがヒットは多いと言っているようなものですのでご注意ください。

■後付けの解析は、たまたまおまけで調べているだけなので結果の信頼性が低い。

『一次エンドポイントでも二次エンドポイントでも、最初にこういうことを調べますといって、前もってしらせているエンドポイントならまだいいんですが、試験が終わった後から、こんなことも調べましょう、あんなことも調べましょう、なんていってきたとなると、これはもう、信頼性の低いいいかげんなものになってきます[p.52]。』

■一次エンドポイントは、多くの項目を合体して複合エンドポイントにしている場合がありますが、どの項目が良かったのかに注意すること。

『複合エンドポイントだけをみるとすべてを予防しているようにみえるかもしれませんが・・・。だから、複合エンドポイントのときは、どこがよかったのかをよく見極める必要がありますね[p.60]。』

■サブグループ解析で一部の結果のみが出されている場合は、他はどうだったのかを確認すること。(宣伝用パンフレットによくあるケース、英語の場合は大変ですが、論文の原文で確認する)

■ランダム化といえどもキチンと無作為化できていない事例もある。

                             

■PROBEデザインの試験では医師も患者さんもどちらのグループに割り付けられたかを知っているのでバイアスが入りやすい。

■製薬会社がかかわる以上やっぱりスポンサーのバイアスがある。

■メタアナリシスであってもデータや試験結果の均一性の担保が難しく、後解析であるため、バイアスが入りやすい。

などなど・・・     それぞれもっと詳しく、わかりやすく書いてあります。



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

自己愛性パーソナリティ障害


パーソナリティ障害 - いかに接し、どう克服するか

パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書)パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書)
(2004/06)
岡田 尊司

商品詳細を見る


本書ではパーソナリティ障害(人格障害)を次のように定義しています。

『偏った考え方や行動パターンのため、家庭生活や社会生活に支障をきたした状態[p.30]。』

パーソナリティ障害にもいくつかの種類があります。今回はその中から、「自己愛性パーソナリティ障害」に注目してみました。

特徴は、自分は特別な存在だと思っていて、他人はそういった特別な存在である自分に対して、便宜を図ったり、賞賛したり、特別扱いするのが当然だと考えている。自分の都合が何よりも優先されて当然だと思っているので、周りの者の迷惑などお構いなし、約束を一方的に変更したりしても、当然だと思ってしまうそうです。

そして、仕事の中身よりも、それが個人の手柄としてどう評価されるかばかりを気にしています。

『彼らが内心に抱いている、途方もない特権意識は、およそ現実とは釣り合わないほどに肥大しているので、さまざまな支障を生じてしまうのだ[p.102]。』

ただ、このタイプの人は、実際、人より優れた才能や能力を有していることもあって、そういうところから周囲と軋轢を生じるケースも多いようです。

本書で自己愛性パーソナリティの人を動かす有効な方法は

『義務や道理を説くより、不安や嫉妬心、功名心を刺激することである[p.121]。』

と紹介されています・・・・なかなか難しそうです。

追記 アメリカ精神医学会(APA)のDSM-Ⅳ-TR 精神疾患の分類と診断の手引きでは、以下5つ以上に該当すると「自己愛性パーソナリティ障害」となります。

DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引 
自己愛性パーソナリティ障害の診断基準


1. 自己の重要性に関する誇大な感覚。
2. 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
3. 自分が"特別"であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人たちにしか理解されない。または関係があるべきだ、と信じている。
4. 過剰な賞賛を求める。
5. 特権意識。つまり特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由無く期待する。
6. 対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない。またはそれに気づこうとしない。
8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。 
9. 尊大で傲慢な行動、または態度。



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

日経の製薬業界予測


日経大予測 2010年版



年賀状印刷、街に流れるクリスマスソング、街路樹の落ち葉、甲子園ボウル(アメフト)、早明戦(ラグビー)等々・・・・皆さんは何で年の瀬を感じるででしょうか?
私にもいろいろありますが本書「日経大予測」が書店に並び始めると年の瀬を感じます。毎年秋口以降に発売され、98年から購入し続け13冊目となりました。

日本経済新聞社が政治、経済、産業、国際などをテーマに来年の動向を予測しています。
産業別の予測もあり、もちろん私たちの製薬業界の動向についても予測してありますので、そこから紹介します。

『世界最大の米国市場は2009年に、過去10年で初めてのマイナス成長になる見通し[p.166]。』

とあり、国内のみならず、世界的にも大きな転換期をむかえています。

『大型薬の特許が欧米で相次いで切れる「2010年問題」を抱える製薬大手は新興国市場の開拓が急務になっている。製薬会社のM&Aは今後、新興国や後発品メーカーがメインターゲットになる可能性が大きい[p.167]。』

このように先進国市場での大幅な伸びが期待できずむしろ減少傾向にあるため、アステラス製薬はトルコやインドに販売拠点を新たに設けましたし、第一三共はインドの製薬大手のランバクシー・ラボラトリーズを買収しました。

『各社は「アンメット・メディカル・ニーズ(患者が満足できていない医療分野)」を今後の新薬開発に分野に定めている[p.168]。』

アンメット・メディカル・ニーズの具体的な疾患領域としてはがん、リウマチ、自己免疫疾患、HIV、アルツハイマーなどがあげられます。
先日はワイスと業界の巨人ファイザーが合併することとなりました。ワイスは関節リウマチ治療薬、バイオ医薬品とワクチンなどに強みを持っており、開発品目にもアルツハイマー病治療薬など有望な化合物を持っている会社です。一方で国内の動向としましては

『武田薬品やアステラスなどの大手は現在、それぞれ独自の経営戦略を打ち出していることもあり、簡単に統合とはいかないのが実情[p.168]。』

国内の大手同士の業界再編の可能性は低いというのが日本経済新聞社の予測です。

『有望な新薬候補が少ない現状では、中堅製薬同士が単純に統合しても抜本的な生き残り策にならないことも確かだ[p.169]。』

中堅製薬における最適な組み合わせを見つけ出しにくい状況で、今後は難しい経営判断が求められるとしています。

追記 このようなことを踏まえて私の会社を考えてみますと、それなりに先のことを考えて経営戦略を打ち出しているように思えます。



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

●業界の2010年問題


医薬品業界2010年の衝撃



医薬品業界に詳しい証券アナリストが書いた本で、医療制度の動向、各製薬企業の戦略など、これまでの流れと今後の予測(forecast)が記してあります。ここ数年の新聞の業界関連記事を総まとめにした感じの内容です。

本書のタイトルにございます「2010年の衝撃」とは、2010年を境にして武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、エーザイの国内大手4社の主力製品の特許が失効(the patent lapses)し始めます。

■武田薬品工業では糖尿病治療薬アクトス
■エーザイはアルツハイマー型認知症治療剤アリセプトと消化性潰瘍治療剤パリエット
■アステラス製薬は免疫抑制剤プログラフ前立腺肥大に伴う排尿障害改善剤ハルナール
■第一三共は高脂血症治療剤メバロチンですが、一足先に特許切れの洗礼を受けたので今後の影響は少ないとしています。

各社とも配合剤(合剤)や徐放性製剤などの剤形追加で乗り切る方向性であるものの、新薬の開発、海外市場へのさらなる注力、癌領域への強化が急務とされています。さらに、次のようなコメントもあり、業界の緊迫した状況は続きます。

『2010年問題でつまずくと、大手4社の地位から陥落する企業も出てくるだろう[p.3]』

酒井氏は今後の業界環境をふまえると大手は1~2社へと集約されるべき、製薬企業の数は多すぎるとしています。また、海外の巨大企業の動向として買収説は根強いものの、可能性は低い(the possibility is low )と予想しています。

また、医療制度では2010年以降の国内の「楽観的シナリオ」と「悲観的シナリオ」が紹介されています。

■楽観的シナリオ(概要、詳しくは本書をご覧ください)
医療政策の大きな方向転換には至らず、年間7兆円規模の医薬品市場は維持される。ジェネリックの普及も2012年の数量シェア30%以上という政府目標に近づくも達成は微妙。

■悲観的シナリオ(概要)2010年以降の2年に1回の薬価改定が年1回の頻回改訂に改められ、10%強の薬価引き下げが実施される。国内の医薬品産業は大打撃を被り、ジェネリックの普及も促進され、国内の医薬品市場は5兆円規模*まで減少。

企業の動向と国の医療政策の動向から目が離せません。最低限、Let's often read the newspaper.(新聞はよく読みましょう。)

追記 5兆円規模まで減少、つまり、医薬品市場2兆円が減少する規模とは武田薬品工業とアステラス製薬の年間売上高に匹敵します。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : ビジネス書レビュー
ジャンル : ビジネス

ご閲覧ありがとうございます
今日もご訪問ありがとうございます。のべ10万閲覧、本当にありがとうございます。(^―^)
最新記事
空港バスでのマナー
羽田空港からの空港バス、本日は満席です。そんな状況の中で2人掛けシートの隣に自分の荷物を置いて一人で座っている人が必ずいます。
   
残しておけばよかった
国立競技場問題は残念です。他国のオリンピックなどでメインスタジアムの建設が遅れているというニュースを見て「いいかげんな国だなぁ」なんて思っておりましたが、日本はもっといいかげんでした。
国立競技場
新幹線のシートはどこまで倒す
ご存知のとおり新幹線のシートはリクライニング機能がついています。しかし、全開で倒されると後ろに座っている人にはちょっと圧迫感があります。従って多くの乗客は、常識的範囲として半分ぐらいまで、ちょっと倒すようにしているかと思われます。2014.01
    02045
こんなことあり?
本日よりWindowsXPのサポートが終了します。そのため、Windows8に更新しないとネット接続した際の危険性が約20倍になるとのこと。だから8に更新してください・・・・・。
消費税8%
ついに消費税8%が始まりました。総理、国のムダ削減も忘れずに進めてください。議員定数削減の話もトーンダウンしましたが忘れていませんよ。
   
渋滞による損失
先日、新聞で渋滞による損失、という記事を読みました。 国土交通省によると全国で年間に発生する渋滞損失は約38.1 億人時間、1人あたりに換算すると年間30 時間の時間損失、貨幣価値換算すると約12 兆円。環境問題、経済的損失を引き起こしているそうです。
  
アスリートのこだわり
ソチオリンピックではアスリートの〝こだわり〟を見ました。 浅田選手のトリプルアクセル。転倒するリスクが高いのにそれに挑戦する勇気、あえてやらなくてもメダルは取れる可能性があるのをわかったうえでやる。トリプルアクセル=自分、というこなのだと思います。カッコ良すぎです。 次に、モーグル上村選手、点数の評価基準が変わってもこれまでやってきた縦にスピードある攻めた滑りにこだわり、そして本番でも実践しました。採点云々、そんなことわかってる、これが私の滑り・・ということだと思います。実際、タイムも早かったがメダルには届かず、しかし、カッコ良すぎです。
   
連覇という偉業
アメフトではオービックシーガルズがV4、ラグビーでは帝京大学がV5、それぞれスゴイことだと思います。連覇するのは当然難しいことで、しかも帝京大は学生チームです。主力メンバーが毎年大幅に入れ替わる中での偉業です。
 
コンビニの年齢確認
コンビニでお酒を買うとレジで年齢確認のボタンをタッチするように言われます。はっきり言ってめんどくさい。どうみても私は20歳以下ではないのに・・・・。2013.10
       考える人2
はだしのゲン
はだしのゲンを小学校の図書室、学級文庫に置いていることに対してクレームを言ってくる親がいることには残念でなりません。過激な描写もありますが、現実です。それを受けて閉架図書として生徒の手に取れないところに置くようにした学校側にもがっかりです。2013.8
読書時間を確保するコツ
①車で出かけず電車で読む②机、ベッド、鞄、トイレなどいろいろなところに読みかけの本を置いておく③空き時間ができれば読む④同時に何冊か読む ⑤待ち合わせには早めに行って読書する⑥たくさん読む(100冊を超えると格段に読むスピードが早くなっていることに気付く)⑦ランチが出てくるのを待っている間に読む⑧入浴しながら読む⑨旅行・出張は本持参で⑩休日に読書する時間をつくる⑪夜は本を読みながら寝る
OK
大塚家具の件
マスコミは親子の骨肉の争い、お家騒動という論点で報道していますが、ちょっと違うのではないかと思います。
カープに注目
男気黒田が帰ってきました。ヤンキースからの高額契約を断っての広島。プロ野球というシビアな世界で、お金がすべてではない価値観、カッコいいと思います。人としても広島の土砂災害で人知れず(気づいた人はわかった)訪問していたというエピソードも立派です。
       
禁煙の部屋増やしてよ
ビジネスホテルに泊まる際、私は禁煙部屋を希望するようにしています(自分が吸いませんので)。しかしながら、予約する時いつも禁煙部屋から予約が埋まってしまいます。
      02045
カレンダー
ブログをアップした日は黒く表示されます。
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログのイラスト
いつもブログに使用しておりますイラストは〝しみずけいた〟というイラストレーターの作品です。ソースネクスト社「SUPER具満タン」というソフトに入っています。
   
カルビーポテトチップス12本
新しく発売されたカルビーさんのクリスプブラックペッパー味の感想です。
   
モリトモ、カケ問題
様々な問題がある中、国会で「記憶にございません」「資料(メモなど)はありません」これで済んでは困ります。情報開示のあり方、記録の取り方、文書(手帳のメモ含む)の保存方法などきちんとしたルールを決めてほしいものです。もちろん真実を明らかにしてからの話です。
   腰イタ
ビジネスシャツの襟
これまで私は仕事用のビジネスシャツはボタンダウンを選んでおりました。理由は前からそうで、なんとなくカッコいいと思っておりました。 ところが、先日、友人より「ボタンダウンはカジュアル、世界各国の大統領、首相が公式の場でそんなの着ていない」と言われ、以降、気にしてニュースなど見てみますとそのとおりでした。(-_-;)ガーン。
 
ブログ内検索フォーム
ここからブログ内を検索することができます。
カテゴリー
プロフィール
私は40代の企業で働く営業マンです。 楽しい仲間と仕事をEnjoyし、充実した毎日を送っております。「仕事ができるビジネスマン」を目指しつつも、人とちょっと違う、変わったところのある、面白サラリーマンでありたい!」これが自分のビジョン。 そうなるために2009年9月よりブログを始め、読んだ本をもとに知識をインプットし、そこから影響を受けたことを中心にアウトプットさせていただいております。読書録のデーターベースを作っているイメージ。これが戦略・戦術のひとつで当面の目標1000冊。
   
ブログタイトルの趣旨
「ちょっと知的にサラリーマン」というタイトルは「知的なサラリーマンが書いているブログ」という意味ではなく、「凡人サラリーマンが知的になるために読書してブログを書いている」という意味です。 時々、私のことを「知的サラリーマン」と呼んでいただける方々がいて、誠にありがたい?のですが、少し、ニュアンスが違います。
バントの有効性
高校野球ではノーアウトでランナーが出塁するとほぼ必ず送りバントとなります。本当に有効なのでしょうか?以前、ノーアウトランナー1塁とワンアウトランナー2塁の場合で勝率を調べたところ前者の方が2~4%勝率が高いことを紹介させていただきました。しかも高校野球には4割打者や5割打者はたくさんいるのにとも思います。
サッカー2018年W杯
初戦の日本VSコロンビア戦を観賞中です。ファウルもらい合戦(シミュレーションばかり)ほとんど触れていないのに、コケて痛がる。やめませんかサッカー界全体で。ビデオジャッジでシミュレーションした選手は一発退場することで抑止力が働くと思います。
サッカー
銭湯のマナー
銭湯が好きでよく行きます。特に冬。寒い日はシャワーではツライ、でも自宅の湯船に湯をはるのも面倒、こんな時には銭湯へGO!となります。
   
築地移転問題
いい加減な話が出てまいりました。盛り土をやめて地下の有効活用?昔の都知事が言った、言わない。都の担当からの提案だったか、いや、そうではない?
   
卒業式に思うこと
この時期になると卒業式が話題になります。それぞれ別の道を歩んでいく同級生との別れ、これまでご指導いただいた先生方との別れに皆泣いているシーンを拝見します。