FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人型DC


金融機関がぜったい教えたくない年利15%でふやす資産運用術

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術
(2013/01/09)
竹川 美奈子

商品詳細を見る


そこで本書で紹介されているのは「個人型」の「確定拠出金(DC)」を利用して「投資信託」を毎月購入し積立していく方法を紹介しています。

個人型のDCには税制優遇という大きな特典がついていて、支払った掛け金すべてを自分の所得から差し引けます。つまり、課税される所得が減る分、支払う税金(所得税や住民税)を減らすことが可能となるということです。

      

ただし、この個人型DCを利用できる人は
①勤務先の会社に企業年金制度がない
②勤務先の会社が「企業型」確定拠出年金を導入していない
人に限られます。

残念ながら、たぶん私は加入できません。ただ、税制を理解して賢くお金を増やすことの大切さをあらためて感じますし、自分で勉強しないと金融機関からは積極的には教えてもらえませんから。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

20%も引かれます


金融機関がぜったい教えたくない年利15%でふやす資産運用術

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術
(2013/01/09)
竹川 美奈子

商品詳細を見る


タイトルにある「年利15%」とは1年間で100万円が115万円になるということ。ご存じのとおりそのような商品はありません。(たぶんありません)

ということで、どういことなのか読んでみました。

本書での「年利15%」とは〝節税分として少なくとも年間15%のリターンを得られる〟資産作りの方法を紹介しています。今どき、15%のリターンが確定している金融商品なんてありませんので、興味がわいてきます。

著者の竹川さんの本はわかりやすく、納得できることが書かれていますので、これまで何冊か読んできました。

関連リンク 「NISAについて
関連リンク 「インデックスファンドの欠点と目論見書
関連リンク 「ETFのメリット
関連リンク 「自分の401kを見直す
関連リンク 「知らない間に買っています
関連リンク 「投資信託を買う時の注意
関連リンク 「グローバルバランス型投資信託


       

ご存じのとおりのことかと思いますが、現状の税制について確認します。

『「ふつうに」街中にある銀行に預金を預けると、受け取る利息から20%の源泉税が引かれます(今のような超低金利でも、です)。あるいは、「ふつうに」証券会社に口座を開設して株式に投資する投資信託を購入して、解約したときに利益が出ていれば通常であれば20%[p.074]』

このように毎回、利益から20%の税金が引かれます。ということもあって、できるだけ税金のかからない方法で資産形成をすることが大変重要となります。

つづく・・・・


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

投資信託の有用性


投資信託はこの9本から選びなさい最新版 30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!
(2013/07/20)
中野 晴啓

商品詳細を見る


(昨日からのつづきです)
本書に書かれていましたが、販売会社が投資家にとっていい投資信託を売るのではなく、彼らが売りたい投資信託(手数料が高い、再投資型ではなく分配型、)を売られている現状があります。
そんな理由もあってノーロード長期分散積立再投資型の投資信託の有用性があまり知られていません。

以前、紹介させていただきました前著「投資信託は、この8本から選びなさい。 30代でも、定年後でも、積立だけで3000万円つくれる!」では以下の6つの基準で投資信託を選ぶように書かれていました。
(1)信託期限が無制限
(2)再投資型
(3)ノーロード型、信託報酬が安い
(4)純資産残高が増え続けているもので、その残高があまりに小さい場合(30億が目安)は除外
(5)自動引き落としの積み立て投資ができる
(6)世界中に分散投資できる

           

今回の本書では次の6項目へと微修正されています。

(1)信託期限が無期限であること
(2)分配金を全額再投資に回してくれること
(3)購入手数料がかからないノーロード型で、運用管理費用率が低いこと。
(4)純資産残高が増え続けているもの。ただし、その残高があまりに小さい場合は除外。(5)少額から自動積立ができて、自分の銀行口座から毎月引き落としが可能であること。
(6)投資対象は、「国際分散型(バランス型)」であること。

現在、日本の国内で設定・運用されている投資信託の数は3376本あります。それをこの条件でスクリーニングしますと、タイトルのとおり〝9本〟しかありません。

関連リンク「長期分散投資でOK
関連リンク「長期分散投資でいいのか?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

知られていない投資信託


投資信託はこの9本から選びなさい最新版 30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!
(2013/07/20)
中野 晴啓

商品詳細を見る


本書は以前紹介した本の改訂版です。「ノーロード型」で「長期分散」「再投資型」の投資信託を「毎月」「自動引き落とし」で「積立てていく」ことの有用性をあらためて確認できる内容です。

全世界への長期分散投資はリーマンショックを経てもこの17年の間で6%のリターンになっています。

人口が増え続ける限り、経済は成長を続けます。日本ではこれ以上人口の大幅増は期待できませんが世界ではまだまだこれから増えていきます。

『たとえば月々3万円を積み立てて、それを7%で運用したとしましょう。積立合計金額は20年で720万円ですが、運用すれば1531万円、約1500万円になります。45歳の人が今から積立を始めても、65歳の定年時には1500万円の年金資金が手に入るということになります[p.49]。』

                

現在は銀行の預金では金利はほとんど期待できません。さて、どうしましょうか。

関連リンク「長期分散投資でOK
関連リンク「長期分散投資でいいのか?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

NISAについて


税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門 株、投信を買うなら必見!

株、投信を買うなら必見!   税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門株、投信を買うなら必見! 税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門
(2013/07/26)
竹川 美奈子

商品詳細を見る


一時話題となりましたが、最近あまり聞かなくなったNISA(ニーサ/少額投資非課税制度)、どんものなのか確認するために読んでみました。

まず冒頭に書かれていることとして・・・・

株や投資信託の利益、配当、分配金の税率は軽減税率が適用されていて10%でしたが、2013年12月末で終了しそれ以降は20%に戻りました。プチ投資家としては痛い話です。

この20%の税金がかからずに、利益を非課税にできる口座がNISAなのです。

       

ただし、注意点がいくつかあります。
・NISA口座を開設できるのは、2014年1月から2023年までの10年間
・非課税の恩恵を受けられる期間は最長5年
・限度額(非課税枠)は年間100万円まで(80万円まで投資したとしても翌年に20万を持越して120万円投資することはできない)
・累積投資額の上限は500万円まで(100万円まで投資できる枠を5個まで持てる)
・いま保有している株式投資信託や株式をNISA口座に移すことはできない
・NISAの口座を開設できるのは原則1人1口座(1金融機関)
・いつでも売却・解約できるが、一度売ると、その枠はもう使えない

メリットも多いものの、いろいろと制約が多いので注意が必要です。今後のさらなるルールの緩和に期待したいものです。あと税金の勉強も必要なことを実感。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

短期売買するなら


超・投資勉強法 「動乱の時代」に金運を掴む人、掴めない人

超・投資勉強法──「動乱の時代」に金運を掴む人、掴めない人超・投資勉強法──「動乱の時代」に金運を掴む人、掴めない人
(2009/01/30)
松藤 民輔

商品詳細を見る


本書の冒頭に次のような文章がありました。

『この金融恐慌を生き抜き、勝ち抜くには猛烈な勉強をするしかない。あなた自身の生活を守り、あなたの大切な夢を実現するためのマネーを守り、そして増やすためにも、猛烈な勉強を始めなければならない[p.5]。』

この文章を読んで勉強しないといけないような気になって〝見事?〟買ってしまいました。内容的はちょっとイマイチな本・・・・・・でした。

     

基本、〝安く買って高く売る〟〝下がったら買い戻す〟という考え方で「10の透具」という独自の値動きやトレンドを見抜く指標も紹介されています。

株式の短期的な売り買いに興味はありませんので、私にとっては参考になる内容ではありませんでしたが、短期的売り買いがこういう考え方で行うものだとイメージができたことは勉強になりました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

世界経済は成長するか


60歳までに1億円つくる術 25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)
(2009/11)
内藤 忍

商品詳細を見る


長期分散投資がプラスになるには、世界全体の経済がプラス成長することが大前提です。それに対し著者は必ず「成長する」という考えを持っています。

そのように考える根拠は以下の2つです。

1.人口増加
世界の人口は増加し続けています。人口が増えるということは、経済規模が大きくなるとうこと。新興国ではミドルクラスの人々が車に乗ったり、ワインを飲み始めたりという暮らしを始めています。

2.技術進歩
イノベーションによって生産性が上がり、新しいマーケットも生まれて商品が売れるようになる。その結果、経済全体のパイも大きくなって経済成長するはず。

という2点をあげています。

            

たしかにそのように考えますと、世界経済は発展していきそうです。一方、日本は成熟市場で上記「1」の人口増加は期待できません。投資のポートフォリオは海外への投資比率を少し増やした方が良さそうな気がします。

アベノミクスで物価上昇?そういう状況の中でほぼ金利ゼロで全く増えることの無い銀行にお金を寝かせておくのか?リスクを取って投資するのか?どうしましょうか?


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

森永卓郎の危機管理


起死回生のマネー術 超危機時代を生き抜く発想の転換

超危機時代を生き抜く 起死回生のマネー術超危機時代を生き抜く 起死回生のマネー術
(2011/09/28)
森永 卓郎

商品詳細を見る


自然災害、不況、肝心なことは無策で余計なことばかりする政府など、先行きの見えない中で自分と家族を守るマネー術について書かれた本です。

私は森永さんの本は勉強になるのでよく読んでいます。

テレビ出演すると楽屋の弁当やお菓子はしっかり持って帰る。余分にもらえた時は弁当を解体して冷凍しておくそうです。こういうセコイ(笑)ことも書いてありますが、必要なこともたくさん書いてあります。

        

テレビでバカなことをやっている芸能人でも、単なるバカでは生き残れないのでみんな必死に努力しているそうです。クイズ番組用に漢字検定の勉強をしている芸能人はたくさんいて、気象予報士の資格がほしくてたまらないグラビアアイドル、ダイエットのために弁当を半分しか食べない女優、ジムに通って体を鍛える歌手。

みんな努力しているのでサラリーマンも休日テレビをぼーっと見てないで1時間でもいいので仕事の役に立つ勉強や、新しい人と出会ったり、自分に投資したりするべきと書いてあります。

そして、今、貯蓄するならマシなのは個人向け国債をすすめています(2011年の本ですので状況が変化したかもしれません)。数年間中途解約できませんが、定期よりいい金利で元本保証です。また、森永さんは日本の破たんはありえないと考えていますので国債もいいかもしれません。

そのほか興味深いことが多々書いてあり、サラッと読めますのでご一読ください。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

重要なアセット・アロケーション


バフェット流投資に学ぶこと、学んではいけないこと 個人投資家にとっていちばん大事なノウハウ

バフェット流投資に学ぶこと、学んではいけないこと―個人投資家にとっていちばん大事なノウハウバフェット流投資に学ぶこと、学んではいけないこと―個人投資家にとっていちばん大事なノウハウ
(2009/03/13)
ヴァホン・ジョンジグヨン

商品詳細を見る


ポートフォリオ構築にあたっては、どこの会社の株云々(うんぬん)という銘柄選択よりも、アセット・アロケーション(資産分散)の方が大切だと書いてありました。

      

アセット・アロケーションとは、

『どの資産クラスに投資資金の何%を配分するか決めることをいう[p.43]。』

要するに、自分の資金を株式や債券、現金、外国通貨、貴金属、不動産、市況商品といった資産クラスに分けることをいいます。これが大事なのです。適当ではいけません。

『複数の年金基金について調べたところ、四半期リターンの変動の九〇%以上はアセット・アロケーションで説明でき、売買のタイミングや銘柄選択で説明できる部分は一〇%に満たないことがわかったという[p.44]。』

『自分の手で資金を運用したいと本気で考える投資家は、どの資産クラスにどの程度の資金を振り向けるかをもっと真剣に検討し、どの銘柄を買うべきかという問題はあまり考えなくてもよい[p.44]』

A社の株を買おうか、B社の方がいいかとかはさほど重要ではなく、この業界の株に何%投資して、この国または地域の債券に何%、この地域の不動産に何%などというアセット・アロケーションを考えることの方が大切なのです。なるほど、なるほど・・・・

でも、素人には「意図をもったアセット・アロケーションの設定」、これって難しい話です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

自分のお金の管理術


会計HACKS! 楽しんで資産を増やすお金のコツと習慣

会計HACKS!会計HACKS!
(2010/04/16)
小山 龍介山田 真哉

商品詳細を見る


「○○HACKS(ハック)」はお気に入りのシリーズですので、この本も書店で発見し購入しておきました。

家計の支出管理を企業会計のP/LやB/Sと関連付けて、いろいろな節約、貯蓄、投資方法などが紹介されています。しかし、内容はちょっとイマイチ。

■自分の支出を見える化するために、レシートを残して意味のある支出とムダな支出に分けておいて今後ムダな支出を減らしていく。

これについてはちょっとやってみようかなとも思いましたが、たぶん続かないのでやめておきます。

■クレジットカードは目的ごとに違うカードを利用し、送られてくる各明細から何にいくら使ったかを把握する。

これもやめておきます。ひとつのカードに集約したほうがいいと思います。

         

選択と集中の意味で、趣味を一つに絞る、最大の効果が得られる所へ資本を集中する、とか?個人的には(ハテナ)なことも書いてあります。

しょーもない趣味もありますが、基本的に趣味は知識や教養を深める大切なインプットですので、できることなら「まずは」いろいろやってみた方がいいと思います。

でも、ムダ使いはもちろん禁止です。

以上、最終的に、そして、個人的には特に有用情報が少ない本でしたので、数年寝かせて再度読んでみたいと思います。

ただ、新築マンションを購入し、外車に乗って、時計はロレックス、家族で毎年海外旅行に行って、そしてお金が貯まらないと嘆いている当社の社員に読んでいただきたい一冊です。
余計なお世話でスイマセン、その人の勝手ですね。

関連リンク 「習慣を見直そう


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

ご閲覧ありがとうございます
今日もご訪問ありがとうございます。のべ10万閲覧、本当にありがとうございます。(^―^)
最新記事
空港バスでのマナー
羽田空港からの空港バス、本日は満席です。そんな状況の中で2人掛けシートの隣に自分の荷物を置いて一人で座っている人が必ずいます。
   
残しておけばよかった
国立競技場問題は残念です。他国のオリンピックなどでメインスタジアムの建設が遅れているというニュースを見て「いいかげんな国だなぁ」なんて思っておりましたが、日本はもっといいかげんでした。
国立競技場
新幹線のシートはどこまで倒す
ご存知のとおり新幹線のシートはリクライニング機能がついています。しかし、全開で倒されると後ろに座っている人にはちょっと圧迫感があります。従って多くの乗客は、常識的範囲として半分ぐらいまで、ちょっと倒すようにしているかと思われます。2014.01
    02045
こんなことあり?
本日よりWindowsXPのサポートが終了します。そのため、Windows8に更新しないとネット接続した際の危険性が約20倍になるとのこと。だから8に更新してください・・・・・。
消費税8%
ついに消費税8%が始まりました。総理、国のムダ削減も忘れずに進めてください。議員定数削減の話もトーンダウンしましたが忘れていませんよ。
   
渋滞による損失
先日、新聞で渋滞による損失、という記事を読みました。 国土交通省によると全国で年間に発生する渋滞損失は約38.1 億人時間、1人あたりに換算すると年間30 時間の時間損失、貨幣価値換算すると約12 兆円。環境問題、経済的損失を引き起こしているそうです。
  
アスリートのこだわり
ソチオリンピックではアスリートの〝こだわり〟を見ました。 浅田選手のトリプルアクセル。転倒するリスクが高いのにそれに挑戦する勇気、あえてやらなくてもメダルは取れる可能性があるのをわかったうえでやる。トリプルアクセル=自分、というこなのだと思います。カッコ良すぎです。 次に、モーグル上村選手、点数の評価基準が変わってもこれまでやってきた縦にスピードある攻めた滑りにこだわり、そして本番でも実践しました。採点云々、そんなことわかってる、これが私の滑り・・ということだと思います。実際、タイムも早かったがメダルには届かず、しかし、カッコ良すぎです。
   
連覇という偉業
アメフトではオービックシーガルズがV4、ラグビーでは帝京大学がV5、それぞれスゴイことだと思います。連覇するのは当然難しいことで、しかも帝京大は学生チームです。主力メンバーが毎年大幅に入れ替わる中での偉業です。
 
コンビニの年齢確認
コンビニでお酒を買うとレジで年齢確認のボタンをタッチするように言われます。はっきり言ってめんどくさい。どうみても私は20歳以下ではないのに・・・・。2013.10
       考える人2
はだしのゲン
はだしのゲンを小学校の図書室、学級文庫に置いていることに対してクレームを言ってくる親がいることには残念でなりません。過激な描写もありますが、現実です。それを受けて閉架図書として生徒の手に取れないところに置くようにした学校側にもがっかりです。2013.8
読書時間を確保するコツ
①車で出かけず電車で読む②机、ベッド、鞄、トイレなどいろいろなところに読みかけの本を置いておく③空き時間ができれば読む④同時に何冊か読む ⑤待ち合わせには早めに行って読書する⑥たくさん読む(100冊を超えると格段に読むスピードが早くなっていることに気付く)⑦ランチが出てくるのを待っている間に読む⑧入浴しながら読む⑨旅行・出張は本持参で⑩休日に読書する時間をつくる⑪夜は本を読みながら寝る
OK
大塚家具の件
マスコミは親子の骨肉の争い、お家騒動という論点で報道していますが、ちょっと違うのではないかと思います。
カープに注目
男気黒田が帰ってきました。ヤンキースからの高額契約を断っての広島。プロ野球というシビアな世界で、お金がすべてではない価値観、カッコいいと思います。人としても広島の土砂災害で人知れず(気づいた人はわかった)訪問していたというエピソードも立派です。
       
禁煙の部屋増やしてよ
ビジネスホテルに泊まる際、私は禁煙部屋を希望するようにしています(自分が吸いませんので)。しかしながら、予約する時いつも禁煙部屋から予約が埋まってしまいます。
      02045
カレンダー
ブログをアップした日は黒く表示されます。
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログのイラスト
いつもブログに使用しておりますイラストは〝しみずけいた〟というイラストレーターの作品です。ソースネクスト社「SUPER具満タン」というソフトに入っています。
   
カルビーポテトチップス12本
新しく発売されたカルビーさんのクリスプブラックペッパー味の感想です。
   
モリトモ、カケ問題
様々な問題がある中、国会で「記憶にございません」「資料(メモなど)はありません」これで済んでは困ります。情報開示のあり方、記録の取り方、文書(手帳のメモ含む)の保存方法などきちんとしたルールを決めてほしいものです。もちろん真実を明らかにしてからの話です。
   腰イタ
ビジネスシャツの襟
これまで私は仕事用のビジネスシャツはボタンダウンを選んでおりました。理由は前からそうで、なんとなくカッコいいと思っておりました。 ところが、先日、友人より「ボタンダウンはカジュアル、世界各国の大統領、首相が公式の場でそんなの着ていない」と言われ、以降、気にしてニュースなど見てみますとそのとおりでした。(-_-;)ガーン。
 
ブログ内検索フォーム
ここからブログ内を検索することができます。
カテゴリー
プロフィール
私は40代の企業で働く営業マンです。 楽しい仲間と仕事をEnjoyし、充実した毎日を送っております。「仕事ができるビジネスマン」を目指しつつも、人とちょっと違う、変わったところのある、面白サラリーマンでありたい!」これが自分のビジョン。 そうなるために2009年9月よりブログを始め、読んだ本をもとに知識をインプットし、そこから影響を受けたことを中心にアウトプットさせていただいております。読書録のデーターベースを作っているイメージ。これが戦略・戦術のひとつで当面の目標1000冊。
   
ブログタイトルの趣旨
「ちょっと知的にサラリーマン」というタイトルは「知的なサラリーマンが書いているブログ」という意味ではなく、「凡人サラリーマンが知的になるために読書してブログを書いている」という意味です。 時々、私のことを「知的サラリーマン」と呼んでいただける方々がいて、誠にありがたい?のですが、少し、ニュアンスが違います。
バントの有効性
高校野球ではノーアウトでランナーが出塁するとほぼ必ず送りバントとなります。本当に有効なのでしょうか?以前、ノーアウトランナー1塁とワンアウトランナー2塁の場合で勝率を調べたところ前者の方が2~4%勝率が高いことを紹介させていただきました。しかも高校野球には4割打者や5割打者はたくさんいるのにとも思います。
サッカー2018年W杯
初戦の日本VSコロンビア戦を観賞中です。ファウルもらい合戦(シミュレーションばかり)ほとんど触れていないのに、コケて痛がる。やめませんかサッカー界全体で。ビデオジャッジでシミュレーションした選手は一発退場することで抑止力が働くと思います。
サッカー
銭湯のマナー
銭湯が好きでよく行きます。特に冬。寒い日はシャワーではツライ、でも自宅の湯船に湯をはるのも面倒、こんな時には銭湯へGO!となります。
   
築地移転問題
いい加減な話が出てまいりました。盛り土をやめて地下の有効活用?昔の都知事が言った、言わない。都の担当からの提案だったか、いや、そうではない?
   
卒業式に思うこと
この時期になると卒業式が話題になります。それぞれ別の道を歩んでいく同級生との別れ、これまでご指導いただいた先生方との別れに皆泣いているシーンを拝見します。
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。