FC2ブログ

今年の物価の行方


日経大予測2014年の日本はどうなるか

日経大予測 2014年の日本はどうなるか日経大予測 2014年の日本はどうなるか
(2013/10/25)
日本経済新聞社

商品詳細を見る


90年代から約20年も続いたデフレ、今年は物価上昇への方向性が見えてくるのでしょうか。

●物価

『◎本命 需要不足が縮小し、物価の緩やかなプラス基調が定着[p.24]』

デフレは解消し、物価は上昇するものの日銀が目標としている2%の物価上昇は消費増税を加味しておらず難しい。ただし、「対抗」のシナリオでは、国内景気が失速し、再びデフレの症状が深刻になると予測しています。

           

「脱デフレ」を最優先課題としてアベノミクスを展開する安倍政権、よろしくお願いします。

追記  ご存知のとおり、物価が1%上昇した場合、銀行の金利0.0…%の預金に資産を置いておくと、同じ金額であっても価値は目減りしていることになります。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

今年の株価の行方


日経大予測2014年の日本はどうなるか

日経大予測 2014年の日本はどうなるか日経大予測 2014年の日本はどうなるか
(2013/10/25)
日本経済新聞社

商品詳細を見る


そして、景気に大きく関連し、自分の投資にも大きく関連する「株式相場」について。

●株式相場

『◎本命 脱デフレは道半ばだが、世界景気回復を支えに株式相場は緩やかな右肩上がり[p.36]』

国際通貨基金の13年7月時点での予測では、世界全体での景気は13年の3.1%成長から14年は3.8%成長へと若干上昇するそうです。
米国は経済の復調による量的緩和の縮小、それから米金利の上昇によってドル高・円安が進む。結果、円が売られやすくなり、これが企業収益の回復にはプラス材料。
国内では、東京五輪は20年ですので経済波及効果が出るのはまだまだ先であるものの、投資心理を下支えする要因にはなる、と予測しています。

        マネー維新

日経平均株価は1万6000円近辺を試す展開と記されていますが、14年1月現在でこれを少し切るぐらいですでに到達しています。このまま推移するのか、さらに上へと上昇するのか、さてどうなりますか。

デフレは一見、価格が下がっていくので、イイことのように思えるかもしれませんが、そうではないことを以前紹介させていただきました。

関連リンク 「デフレもインフレも大変

追記 ちなみにTBSの『がっちりマンデー‼」の今年一回目の放送では、ゲストの社長さんたちが日経平均の予測を全員20,000円以上で出しておられましたが、それぞれ、「根拠は全くありません」とか「期待値をこめて」ともおっしゃってました。森永卓郎氏のみ12,000円という低値。要するに、どうなるかはだれもわからないということです。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

あみだくじの必勝方法


統計学が最強の学問である データ社会を生き抜くための武器と教養

統計学が最強の学問である統計学が最強の学問である
(2013/01/25)
西内 啓

商品詳細を見る


本書にあみだくじの必勝方法が書いてありました。必勝方法ではありませんが、統計学の観点から勝つ確率を高めることができるのです。
4人であみだくじ、計8本の縦線をひいたとします。自分を除く3人には好きなところに4本ずつ横の線をひいてもらって、じゃんけんで勝ったひとから2箇所を選ぶというルールです。

あみだくじ_convert_20130317170258
【あみだくじのイメージ】

ここで、適当に選んではいけません。もちろんみんなに選んでもらって残り・・・というのもいけません。選ぶべき場所があるのです。
左の縦線を①として右端の縦線が⑧、試しにこのルールで1000回繰り返したとして当たる回数をシミュレーションしますと、均等に当たるわけではありません。

①81回 ②122回 ③182回 ④210回 ⑤194回 ⑥109回 ⑦69回 ⑧33回となります。

つまり、真ん中の縦線が当たる確率が高くなり、両端で当たる確率が低いのです。最も低い右端では当たる確率は3.3%しかありません。
一見、1人/4人の確率で公正に決めようとしても両端を選ぶと当たる確率は11.4%(=(81+33)÷1000)とかなり低くなります。

このように、完全にランダム化(公平に均等化)するとうことは難しいのです。今後、あみだくじは真ん中か、両端を選ぶべし!
試験問題の選択肢も先生が適当に選ぶと当たりやすい記号を導き出すことができるかもしれません。

以前、じゃんけんで勝つ方法についても紹介しましたのでこちらもご覧ください。

関連リンク 「じゃんけんで勝つ方法

なお、統計学はスゴイ学問で、そのことについては以前紹介させていただきましたので、こちらもご覧ください。

関連リンク 「統計学で意思決定


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

統計学で意思決定


統計学が最強の学問である データ社会を生き抜くための武器と教養

統計学が最強の学問である統計学が最強の学問である
(2013/01/25)
西内 啓

商品詳細を見る


ちょっと前のベストセラーで多くの書店のランキングで上位にあった本です。

統計学を実際の現場で活かすにはどうすればいいのか、について具体的事例をもとに書かれています。以前、京都で同窓会があり往復の新幹線や実家で読もうと思って購入しました。

経営学や過去の事例などではなく統計学に基づく統計解析の結果から意思決定すると、かなりの確率で最良の意思決定ができそうです。だから「最強の学問」なのです。

私たちMRは統計データをもとに自社の薬が良い、悪いなどと、医師の先生方に紹介するケースがよくあります。ということもありMRなら読んでおくべき一冊です。
ただ、前半はわかりやすいのですが、後半はなかなか難しい内容でした。

       

例えばある小売業のダイレクトメール(DM)のお話。

DM送付あり 2300円
DM送付なし 1800円
【過去3か月ごとのDM送付有無別客単価[p.75]】

以前より、DMを送っている顧客の平均購入単価は2300円、DMを送っていない顧客では1800円。統計学ではこの500円の差が今回たまたま出た誤差なのか、何度やっても出てくる差なのかを明らかにすることができます。
偶然ではなく意味のある差であるならば、この調査結果からはDMを送れば単純計算でひとりあたり500円の売り上げ増が見込めるということになります。

もし顧客数が2万人いれば1000万円の売り上げ増につながります。さらに深掘りして「DMを送られることで売り上げが野びる客と伸びない客の違い」「売り上げを伸ばすDMと伸ばさないDM違い」これらの判別ルールを統計解析で明らかにすることもでき、DM送付数自体はほとんど変えなくても総売り上げを6%ほど上昇させる提案をすることも可能となってきます。

「過去の事例にもとづく意思決定」「あいまいな感覚による意思決定」こういうことを正しい判断なのか、間違った判断なのかを明らかにしてくれるのが〝統計学〟なのです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

財政政策と財政支出


今までで一番やさしい経済の教科書 新版

新版 今までで一番やさしい経済の教科書新版 今までで一番やさしい経済の教科書
(2012/04/06)
木暮 太一

商品詳細を見る


「財政政策」は、経済が発展するために政府が行う政策で、日銀が行う経済政策を「金融政策」。
そして「財政支出」は国民の生活を維持するために、政府が使うお金のことで、年金や医療保険、教育費や防衛費などが該当します。

『財政政策が「景気を良くするため」に使うお金で、「生活をより良くするために使うお金」だったのに対し、財政支出は、「必要だから使う」という性格が強いものです[p.176]。』

現在のところ、日本政府は「財政支出」に多額のお金を使う方向にあるそうです。

           双眼鏡正面

似たような言葉ですので混同しないようにブログに書き留めておきます。

関連リンク 「景気と給料
関連リンク 「経済学の復習



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

行動経済学はおもしろい


経済は感情で動く はじめての行動経済学

経済は感情で動く―― はじめての行動経済学経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
(2008/04/17)
マッテオ モッテルリーニ

商品詳細を見る


人の意思決定は、常に自分のメリットが最大になるよう合理的な判断のもとで行われています(はずです)。

しかし、実際はそのようにはなっておらず経済合理性を無視した意思決定が行われることが多々あります。

さらに興味深いのは、経済合理性を無視した意思決定になるように、相手から仕向けられていることもよくあること。そういった事例を様々な行動経済学の理論とともに紹介した本です。

日常的に、他の選択肢、自分の置かれた状況、過去の出来事、単なるイメージ等々いろいろなことに惑わされ、間違った意思決定をしています。

「お金の価値は一定」、これは当たり前です。しかし、同じ1万円でもギャンブルで儲かった1万円と、汗水流して稼いだお金の使い方は同じではありません。ギャンブルで儲かったお金はなぜかパーッと使ってしまいます。(私はギャンブルはしませんが)

お寿司さんのランチメニューで「特上・上・中」とあれば「上」の注文が多い。一般に三つの選択肢では、真ん中が最も多く売れます。自分の売りたい値段のひとつ上のランクを作っておけば、それが売れますし、店のねらいどおりの価格帯の商品を買わされているのかもしれません。

          

「損失回避」はよく出てくる考え方です。損したために失ったものは、得したために得たものより大きいと考えてしまいます。

通販での「使ってダメなら一週間以内で返品してください」、よく聞くフレーズですが。ほとんど返品が無いことを通販会社は知っています。ここで、「保有効果」が働きます。人は一度自分のものになると愛着がわき、手放すときには二倍以上の値段・価値をつけてしまいます。この場合、まだ買ってもいないのに手放したくなくなる効果が働きます。

人はだれでも自分の失敗を認めたがりません。過去に大きな投資をしてしまうと、将来の利益につながらないことがわかっていてもなかなか止められません。昔、英仏が共同開発したジェット機がコンコルド。開発の途中で完成しても採算がとれないことが予測されていましたが、すでに莫大な開発費を投資していたため、そのまま開発が進行し、結局赤字がさらに膨らみました。しかも、安全上の欠陥も見つかり、現在は就航していません。

しかしながら、このように非合理的な面もあるから、人間味があったり、いろいろと面白いことが起きたりするのだと思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

景気と給料


今までで一番やさしい経済の教科書 新版

新版 今までで一番やさしい経済の教科書新版 今までで一番やさしい経済の教科書
(2012/04/06)
木暮 太一

商品詳細を見る


以前紹介させていただきました「今までで一番やさしい経済の教科書」の〝新版〟を書店で発見し読んでみました。前作は、わかりやすく経済学について勉強させていただきましたので、本書も期待が持てます。

         

期待どおりの内容で「EU危機」や「TPP問題」など、最近のエッセンスを盛り込んだ内容で、勉強になりました。ただ、前作を読んだ時よりも自分自身の経済の知識が深まり、わかっているところは飛ばし読みしました。

景気が良くなる→企業の業績が良くなる→給料があがる、という公式がありましたが、最近はそうでもないことが書かれていました。

『景気が良くなったからといって、会社員の給料が増えるとは限らないということです[p.73]。』

実は、2002年2月から2008年2月までは過去の「いざなぎ景気」(戦後最大の景気拡大)よりも長い期間日本経済が成長した時期がありました。にもかかわらず、この間、会社員の給料は上がりませんでした。
こうなってしまった理由として、本書で次のように解説しています。

『かつては、横並びで、「平等」な社会でしたが、今となっては経済がグローバル化し、競争がどんどん激しくなっていきます。そのため、「儲ける企業」と「儲からない企業」の差がどんどん開き、「稼げる人」と「稼げない人」の差もどんどんと開いていっています。なので、必ずしも「景気回復=自分の給料アップ」とはならないのです[p.74]。』

現在、デフレが少し改善し物価がちょっとずつ上昇しつつある模様。そんな中での消費税増税決定。この後、給料が上がるとは思えません。

世界の国々の消費税はたしかに日本より高い税率ですが、生鮮食品には税率を下げたりしている国もたくさんあります。そこんとこヨロシク!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

経済学の復習


今までで一番やさしい経済の教科書

今までで一番やさしい経済の教科書今までで一番やさしい経済の教科書
(2009/03/13)
木暮 太一

商品詳細を見る


先日、腕試しで〝日経テスト〟を受験しましたが「経済」「財政」「金融」のことをよくわかっていないことを痛感しました。今後の対策としては基本的に日経新聞をちゃんと読むということをやっていくわけですが、経済用語が難しいので本書で復習してみました。

タイトルに〝今までで一番やさしい〟とあるとおり、簡単そうな本なので「わかってることばかりやろー」と思っていましたがあやふやなこと、忘れていたこと、知らなかったことがたくさんありました。

          

■政府が行う政策を「財政政策」、日銀が行う経済政策を「金融政策」。
■金融政策には「公定歩合操作」「公開市場操作」「支払い準備率操作(法定準備率操作)」の3つがあります。
■「公開市場操作」とは日銀が民間の市場で、債券、手形などを売買し市場に流通している貨幣の量を変化させること。「買いオペ」「売りオペ」があります。
「買いオペ」は日銀が市場の国債などを買うことで日銀の現金が市場(民間)に出ていきますので、貨幣が増え、商品が買えるようになり、そして景気がよくなります。
逆に「売りオペ」は日銀が持っていた国債などを市場(民間)に売って市場のお金を減らすこと。先ほどと逆の効果があり景気が抑えられます。
■日銀が景気動向を調査するために実施しているアンケートが「日銀短観」。
■企業の株を51買ってしまえば、理屈上はどんなむちゃな要求でもとおる。
■経済の話題で〝国〟というと「政府」と「日銀」のこと。
■「ゼロ金利政策」では金利が極端に低くなるので、利子がほとんどつかなくなります。したがって個人の資産運用方法も銀行預金から株式投資へと移行します。

字も大きくイラスト入りですぐ読めます。皆さんにとりましては簡単なことばかりでスイマセン。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

国債のデフォルト問題


日本経済 このままでは預金封鎖になってしまう

日本経済 このままでは預金封鎖になってしまう日本経済 このままでは預金封鎖になってしまう
(2010/10/21)
小宮 一慶

商品詳細を見る


これからの動乱の時代を生きる個人にとって重要なのは、きちんと経済を見る目を養うこと。これを目的とした本でたいへん勉強になりました。

巨額の財政赤字をなんとかしない限り、日本に未来はなく、その解決策が処方箋として後半にいろいろと書かれています。

皆さんが貯めたお金を銀行に預け、銀行(特にゆうちょ銀行)は投資先が無いので日本の国債を買う、国はそのお金で借金する(赤字国債)。それがどんどん増えていっている、現在こういう状況にあるとのこと。

          マネー維新

インフレになると金利は上昇しますが、国債の価格は下がります。手持ち資産のほとんどが国債であるゆうちょ銀行は大損害です。そして、万が一、国債がデフォルト(債務不履行)になったらゆうちょ銀行の資産が消えてしまうこととなります。金額として350兆円、これは国民がゆうちょ銀行へ預けている金額です。

ただし、政府にとっては必ずしも都合の悪い話ではない、というびっくりするようなことが書いてありました。理由は、ゆうちょ銀行をつぶしてしまえば、国の借金もかなりの部分なかったことにできるから。
ゆうちょ銀行は民営化してしまいましたので、民間の会社なら、突然、倒産というのはありえないことではありません。著者は「実際、そんなことはしないことを期待します。」と述べています。

たぶん適度なインフレはOKなんでしょうが、いろいろな人がいろいろな主張をしているので、何が正しいのかわからなくなってしまいます。経済学の教科書で勉強して、自分で判断できる知識の必要性を感じます。先日、書店で分厚いハードカバーの経済学の本を手に取ってみましたが、難しすぎるのでもどしてしまいました。ちなみに大学生の教科書ですが・・・・


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

Podcastで経済を学ぼう


日経ヴェリタス 大江麻理子のモヤモヤとーく



今回は本ではありませんが、私のオススメのPodcastを紹介させていただきます。

テレビ東京の美人アナウンサー大江さんと日経ヴェリタス編集部の方が登場し(もちろん音声のみ)、日ごろのよくわからなくて、モヤモヤしていることをわかりやすく解説してくれます。だいたい毎回〝経済〟がテーマです。

           

「iTunes」をダウンロードしますと下記リンクから利用できます。「iPhone」へダウンロードすることもでき、もちろん無料です。

関連リンク 「大江麻里子のモヤモヤとーく

経済を知っていると人生得することもあるかもしれません(というか得すると思います)。通勤時間や家事、寝る前などの時間を有効活用して〝・・・ながら勉強〟に、おススメです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

ご閲覧ありがとうございます
今日もご訪問ありがとうございます。のべ10万閲覧、本当にありがとうございます。(^―^)
最新記事
空港バスでのマナー
羽田空港からの空港バス、本日は満席です。そんな状況の中で2人掛けシートの隣に自分の荷物を置いて一人で座っている人が必ずいます。
   
残しておけばよかった
国立競技場問題は残念です。他国のオリンピックなどでメインスタジアムの建設が遅れているというニュースを見て「いいかげんな国だなぁ」なんて思っておりましたが、日本はもっといいかげんでした。
国立競技場
新幹線のシートはどこまで倒す
ご存知のとおり新幹線のシートはリクライニング機能がついています。しかし、全開で倒されると後ろに座っている人にはちょっと圧迫感があります。従って多くの乗客は、常識的範囲として半分ぐらいまで、ちょっと倒すようにしているかと思われます。2014.01
    02045
こんなことあり?
本日よりWindowsXPのサポートが終了します。そのため、Windows8に更新しないとネット接続した際の危険性が約20倍になるとのこと。だから8に更新してください・・・・・。
消費税8%
ついに消費税8%が始まりました。総理、国のムダ削減も忘れずに進めてください。議員定数削減の話もトーンダウンしましたが忘れていませんよ。
   
渋滞による損失
先日、新聞で渋滞による損失、という記事を読みました。 国土交通省によると全国で年間に発生する渋滞損失は約38.1 億人時間、1人あたりに換算すると年間30 時間の時間損失、貨幣価値換算すると約12 兆円。環境問題、経済的損失を引き起こしているそうです。
  
アスリートのこだわり
ソチオリンピックではアスリートの〝こだわり〟を見ました。 浅田選手のトリプルアクセル。転倒するリスクが高いのにそれに挑戦する勇気、あえてやらなくてもメダルは取れる可能性があるのをわかったうえでやる。トリプルアクセル=自分、というこなのだと思います。カッコ良すぎです。 次に、モーグル上村選手、点数の評価基準が変わってもこれまでやってきた縦にスピードある攻めた滑りにこだわり、そして本番でも実践しました。採点云々、そんなことわかってる、これが私の滑り・・ということだと思います。実際、タイムも早かったがメダルには届かず、しかし、カッコ良すぎです。
   
連覇という偉業
アメフトではオービックシーガルズがV4、ラグビーでは帝京大学がV5、それぞれスゴイことだと思います。連覇するのは当然難しいことで、しかも帝京大は学生チームです。主力メンバーが毎年大幅に入れ替わる中での偉業です。
 
コンビニの年齢確認
コンビニでお酒を買うとレジで年齢確認のボタンをタッチするように言われます。はっきり言ってめんどくさい。どうみても私は20歳以下ではないのに・・・・。2013.10
       考える人2
はだしのゲン
はだしのゲンを小学校の図書室、学級文庫に置いていることに対してクレームを言ってくる親がいることには残念でなりません。過激な描写もありますが、現実です。それを受けて閉架図書として生徒の手に取れないところに置くようにした学校側にもがっかりです。2013.8
読書時間を確保するコツ
①車で出かけず電車で読む②机、ベッド、鞄、トイレなどいろいろなところに読みかけの本を置いておく③空き時間ができれば読む④同時に何冊か読む ⑤待ち合わせには早めに行って読書する⑥たくさん読む(100冊を超えると格段に読むスピードが早くなっていることに気付く)⑦ランチが出てくるのを待っている間に読む⑧入浴しながら読む⑨旅行・出張は本持参で⑩休日に読書する時間をつくる⑪夜は本を読みながら寝る
OK
大塚家具の件
マスコミは親子の骨肉の争い、お家騒動という論点で報道していますが、ちょっと違うのではないかと思います。
カープに注目
男気黒田が帰ってきました。ヤンキースからの高額契約を断っての広島。プロ野球というシビアな世界で、お金がすべてではない価値観、カッコいいと思います。人としても広島の土砂災害で人知れず(気づいた人はわかった)訪問していたというエピソードも立派です。
       
禁煙の部屋増やしてよ
ビジネスホテルに泊まる際、私は禁煙部屋を希望するようにしています(自分が吸いませんので)。しかしながら、予約する時いつも禁煙部屋から予約が埋まってしまいます。
      02045
カレンダー
ブログをアップした日は黒く表示されます。
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログのイラスト
いつもブログに使用しておりますイラストは〝しみずけいた〟というイラストレーターの作品です。ソースネクスト社「SUPER具満タン」というソフトに入っています。
   
カルビーポテトチップス12本
新しく発売されたカルビーさんのクリスプブラックペッパー味の感想です。
   
モリトモ、カケ問題
様々な問題がある中、国会で「記憶にございません」「資料(メモなど)はありません」これで済んでは困ります。情報開示のあり方、記録の取り方、文書(手帳のメモ含む)の保存方法などきちんとしたルールを決めてほしいものです。もちろん真実を明らかにしてからの話です。
   腰イタ
ビジネスシャツの襟
これまで私は仕事用のビジネスシャツはボタンダウンを選んでおりました。理由は前からそうで、なんとなくカッコいいと思っておりました。 ところが、先日、友人より「ボタンダウンはカジュアル、世界各国の大統領、首相が公式の場でそんなの着ていない」と言われ、以降、気にしてニュースなど見てみますとそのとおりでした。(-_-;)ガーン。
 
ブログ内検索フォーム
ここからブログ内を検索することができます。
カテゴリー
プロフィール
私は40代の企業で働く営業マンです。 楽しい仲間と仕事をEnjoyし、充実した毎日を送っております。「仕事ができるビジネスマン」を目指しつつも、人とちょっと違う、変わったところのある、面白サラリーマンでありたい!」これが自分のビジョン。 そうなるために2009年9月よりブログを始め、読んだ本をもとに知識をインプットし、そこから影響を受けたことを中心にアウトプットさせていただいております。読書録のデーターベースを作っているイメージ。これが戦略・戦術のひとつで当面の目標1000冊。
   
ブログタイトルの趣旨
「ちょっと知的にサラリーマン」というタイトルは「知的なサラリーマンが書いているブログ」という意味ではなく、「凡人サラリーマンが知的になるために読書してブログを書いている」という意味です。 時々、私のことを「知的サラリーマン」と呼んでいただける方々がいて、誠にありがたい?のですが、少し、ニュアンスが違います。
バントの有効性
高校野球ではノーアウトでランナーが出塁するとほぼ必ず送りバントとなります。本当に有効なのでしょうか?以前、ノーアウトランナー1塁とワンアウトランナー2塁の場合で勝率を調べたところ前者の方が2~4%勝率が高いことを紹介させていただきました。しかも高校野球には4割打者や5割打者はたくさんいるのにとも思います。
サッカー2018年W杯
初戦の日本VSコロンビア戦を観賞中です。ファウルもらい合戦(シミュレーションばかり)ほとんど触れていないのに、コケて痛がる。やめませんかサッカー界全体で。ビデオジャッジでシミュレーションした選手は一発退場することで抑止力が働くと思います。
サッカー
銭湯のマナー
銭湯が好きでよく行きます。特に冬。寒い日はシャワーではツライ、でも自宅の湯船に湯をはるのも面倒、こんな時には銭湯へGO!となります。
   
築地移転問題
いい加減な話が出てまいりました。盛り土をやめて地下の有効活用?昔の都知事が言った、言わない。都の担当からの提案だったか、いや、そうではない?
   
卒業式に思うこと
この時期になると卒業式が話題になります。それぞれ別の道を歩んでいく同級生との別れ、これまでご指導いただいた先生方との別れに皆泣いているシーンを拝見します。