FC2ブログ

週末ハンターの結末


息子と狩猟に

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

息子と狩猟に (新潮文庫) [ 服部 文祥 ]
価格:572円(税込、送料無料) (2020/9/6時点)




本日は文庫本の犯罪小説をご紹介します。

会社では広告営業を担当するサラリーマン、週末には山で鹿やうさぎやイノシシなどを狙う〝週末ハンター〟が主人公。
今回は小学生の息子を連れて狩猟をすることとなり、いつもの山へ入ります。

一方で、詐欺集団のトラブルにより死体を捨てに山に入る二人組がいました。

両者はやがて山中で出くわすこととなり・・・・・



その先はネタバレになりますので書けません。
本編と冬K2登山での壮絶なサバイバルとの二つのストーリーが収載されています。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

キンコン西野氏の本


新・魔法のコンパス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新・魔法のコンパス 角川文庫 / 西野亮廣 【文庫】
価格:726円(税込、送料別) (2020/5/6時点)




お笑いコンビ、キングコング西野氏の本。
お笑い芸人だけではなく、本書のような書籍の発行、絵本作家、オンラインサロンの運営など、様々な才能を発揮しています。

    

本書では、職業の掛け算で自分の希少価値を高め、信用面積を広げていく考え方が紹介されていました。

 A 芸人 吉本興業に約6000人
 B 絵本作家 たくさんいる
 A×B 西野氏のみ、希少価値が高い 

さらに西野氏にはこれもあります。
 C オンラインサロンオーナー(会員数2万人超え)

 A×B×C 三角形の面積があなたの「需要」であり信用面積、仕事の幅が一気に広がる

例としてビートたけし氏が紹介されていました。

 A 漫才師
 B TVタレント
 C 映画監督

収入を増やすということは「信用の面積」を増やすということ。
3万時間あれば一つの職業に使うのではなく、三つの職業に1万時間ずつ使った方が希少価値を上げやすい。
西野氏の場合は「お金」「広告」「ファン」という三つの切り口から、私たちの人生の歩み方についてヒントをくれる一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

時代とともに変わる常識


日本人の9割がやっているもっと残念な習慣




以前、以下の本を読み、なかなか面白い内容でした。その続編を書店で発見し、購入しました。
昔は〝常識〟だったことが、時代とともに〝間違い〟〝意味なし〟となっていることが多々あります。
そういうことを教えてくれる内容です。

◆バッテリーを使い切ってから充電する ×
 昔のバッテリーはニッケル水素電池、ニッカド電池でしたので継ぎ足し充電は劣化を早めることになりました。
 ただ、今のバッテリーの多くはリチウムイオン電池、継ぎ足し充電OKだそうです。
 リチウムイオン電池は充電用量40%から80%が最適なので、0%から100%まで一気に充電するほうが良くないとのこと。
 さらにリチウムイオン電池は充電しっぱなしでも劣化しないので、これまたOK、スゴイ。

◆プールから上がったら水道水で目を洗う ×
 昔は水泳の授業が終わったら、プールサイドに目を洗うための蛇口があり、それで目を洗うように言われていました。
 今はやっていないそうです。その理由は、水道水で洗顔すると眼球を保護する成分「ムチン」が洗い流され、ドライアイになる可能性が高まる、さらに水道水に含まれる塩素も目には良くないとのこと。
 正しくはゴーグルをつけるでした。

   

その他に、鉄道などのリクライニングシートを全開で倒すと腰に悪い、せきをする時口に手を当てるのはダメ、私がブログの左右のコラムで書いていることと同じことも書いてありました。
常識って時とともに変わっていきます。気が付けば〝非常識な人〟になっていないよう、時々アップデートしましょう。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

新人医師の奮闘劇


泣くな研修医

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

泣くな研修医 (幻冬舎文庫) [ 中山祐次郎 ]
価格:693円(税込、送料無料) (2020/4/29時点)




不要不急の外出をしない、ということで本日は読書。いや本日読書。

主人公は鹿児島出身で鹿児島大学医学部を卒業し、東京下町の病院で新人研修医(医師一年目)として勤務する雨野隆治25歳。
著者は病院の勤務医(外科医)ですので、治療、院内のシーンがリアルに書かれています。
オペ=手術、アッペ=虫垂炎、パンク=膵臓、カンファ=会議、ムンテラ=病状説明など、医療現場用語もいろいろ出てきます。

様々な疾患で入院し治療している患者、そのご家族、先輩医師、同期研修医、ベテラン看護師など、様々な人々を関わりながら主人公が成長していく内容です。
担当している入院患者とのお別れのシーンではホロりときます。

    

おもしろいストーリーでしたので、数時間で一気読みしました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

人生をいろいろ考えてみる


40歳からのワーク・シフト




昨日からの続きです。興味のある部分を箇条書きで紹介していきます。

『やはり人脈を確実に築きたいのなら、自分で会を主催するのが一番効果的です。会の名目はなんでもいいと思います[p.69]。』

異業種交流会などに参加するよりは自分で開催してみる。
私も〝読書会〟は主催者として開催してみたいと思っています。

『アーリーリタイアメントは労働を「罰」だと考える欧米にはなじみますが、労働を「美徳」とする日本にはなじみません[p.118]。』

定年退職後に毎日旅行、毎日ゴルフ、それは苦行です。

『40歳になったら、いわゆる〝ノウハウ本〟はひと休みしてもいいでしょう[p.138]。』

と著者は書いていますが、本書はノウハウ本ですし、私もそれを購入しています。(笑)

     

『40代は、どこかで強制的にスイッチを切って、思考する時間を持つべきなのです。進むばかりでなく、流されるばかりでなく、立ち止まる時間も必要ではないでしょうか[p.156]。』

思考する時間は年代にかかわらず必要でしょう。サッカーの長谷部選手のこの本が参考になります。

関連リンク 「キャプテンの本

『会うと会社や家族のグチばかりこぼすような人とは、どうしても疎遠になってしまいます[p.161]。』

たしかに面白くありません。過去の思い出ついて話すのも面白いのですが、これからの未来の話も面白いものです。

『会社にどっぷりと軸足を置くのではなく、40代からは少しずつプライベートに軸足を移していくべきです[p.183]。』

残念ですが定年後、会社の仲間とは疎遠になるのがパターンです(そうならないようにしたいものです)。

『近くに手本がない場合は、魅力的な50代や60代の人を探して、話を聞きに行くのが一番です[p.192]。』

ああいう人になりたい、という手本がいる人はぜひ、その人を目指しましょう。すばらしいことだと思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

人生の後半戦のキックオフ


40歳からのワーク・シフト




以前、テレビでおなじみの齋藤孝先生の本で人生の40代で人生のギアチェンジをしていくのがいい、という内容の本を紹介させていただきました。

関連リンク 「人生のライフステージ

本書も人生における40歳がテーマ。興味深い内容でした。著者は〝週末起業〟の提唱者です。週末起業についてはコチラ。刺激的な本でした。

関連リンク 「定年後起業するために

本書では40代になるとこれまでインプットしてきた知識や経験、人脈を活かしてアウトプットしていくことの重要性を述べています。40代になってから慌てて資格取得などのインプットに逃げたところで何の解決にもならないとのこと。

個人的にはそんなことはなく「やろうと思った時が始め時」「人間一生勉強」「ケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダースが起業したのは50歳代」だと思います。

     

『40代では「インプット」ではなく「アウトプット」することに仕事の発想をシフトしていくべきです。いま、自分のなかにある〝財産〟を見つめ直し、それを仕分けして、運用方法を考える―。[p.18]』

以下、おぼえておくべきことがたくさん書かれていましたので、箇条書きで書き留めておきます。

『直接ビジネスにつながらなくても、なにかしらに特化した知識やスキルを持っている人は強いのです[p.23]。』

旅行、投資、スポーツ、なんでもいいのです。

『自分が培ってきたスキルは、もう「アップ」させる必要はありません。40代は、自分のスキルを再構築―「リストラクチャリング」してみるのです[p.62]。』

こういうことを考えるのは大変いいこと。皆さんも何かしらの知識をお持ちのことでしょう。

(つづく)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

9冊目の大人の流儀


ひとりで生きる 大人の流儀9



「大人の流儀シリーズ」新たに発刊されていましたので購入しました。週刊現代に掲載されている短編エッセイを本にまとめたものです。本書は9巻目、毎回購入し、読んでいます。

1月にくも膜下出血で入院され心配しておりましたが、先月無事退院されたようです。
今回も出逢い、別れ、感謝、哀愁、家族、仲間、悲しみ、思い出・・・・そんな内容が書かれています。

    

『周囲の人々を見ていて、あの人は生きるカタチがイイナとか、あんなふうに少しでも生きることができれば・・・・・・、と思えた人は、一人で生きているように映る。凜とした姿に見える。ひとりで生きるとは、それぞれの人の内にあるもので、いやなければならぬものではないかと、この頃思う[p.序章]』

・・・・・・・。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

モノを無くして快適生活


スマホひとつで暮らしたい




「断捨離」「コンマリ」と同じ分野の内容です。「持たない暮らしでシンプル、快適生活」を実践しているミニマリストの本です。
実際の生活をカラー写真で紹介してありますので、読んでいてこちらにも具体的にわかるように紹介されています。

「コンマリ」は以前紹介させていただきました。

関連リンク 「ときめかないモノは捨てる

リビングにはテーブルとソファー、テレビだけ、ゴチャゴチャしたものは一切ありません。
キッチンの上には何も無く、皿、鍋、調味料なども最小限のものをキチンと収納されていて見えるところにはありません。

日常生活において、何を残し、その残したものどのように収納したら良いかが書いてあります。

◆洗濯物はたたまず、種類ごとに用意したカゴに放りこむ
◆物が無いから掃除は「ついで」でできる
◆財布こそ、ミニマルにできる、ポイントカードはアプリで管理 など

   

私のあこがれのシンプル生活が紹介されています。
非効率な導線、やらなくてもいい作業、無くてもこまらないモノ、毎日の生活のムダ発見におすすめの一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

浅田次郎の本


帰郷



東京駅の書店で購入しました。
最近まで文庫本のベストセラーとして平積みしてあったと思います。

帯には〝戦争に運命を引き裂かれた名もなき人々。いまこそ読んでほしい反戦小説集〟と紹介してあります。
「帰郷」「鉄の沈黙」「夜の遊園地」「不寝番」「金鵄のもとに」「無言歌」計6つのストーリーで書かれていました。
南方戦線を生き残り帰国したものの空襲で帰るべき家を失なった帰還兵と娼婦との出会い。
ニューギニアで高射砲の修理にあたる兵士と職人技でB24を撃墜する高射砲陣地の兵士たち、

そんな名もなき人々のお話でした。

  


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

小さな実験から始めてみよう


何を捨て何を残すかで人生は決まる “小さな実験”から始めてみよう



著者の本田氏はレバレッジコンサルティング株式会社の代表取締役。
ハワイと日本に拠点に置き、世界中を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送っています。
コンサル、作家、サーファーなど様々な顔を持っている人物です。
考え方が大変興味深く、これまでいろいろ読んでまいりました。

関連リンク 「常識の枠を超える
関連リンク 「あこがれのノマドライフ
関連リンク 「キャリアミックス
関連リンク 「自分をプロデュースする
関連リンク 「レバレッジ・リーディング
関連リンク 「サラリーマンにも必要なサバイバル思考


本書でもたくさん面白いことが書かれていましたので、一部抜粋しご紹介します。

●「人生を縛る常識」を持たない
  人からどう思われてもいい、持たない生き方に必要なのは、「自分を持つ」という覚悟。一度流れから飛び降りてみることも大切だとしています。「流れ」とは例えばいい大学出て、大企業に勤めて、管理職まで昇進し、定年まで勤めあげるなど。

●「なくてもいい物」を持たない
  持つことをあきらめるという消極的な選択ではなく、あえて捨てることで自由になる。定期的に物と環境を「リセット」することは重要。

●「必要以上のつながり」を持たない
  輪から外れると生きられないという思い込みを捨てる。社内、学校。地縁など用意されたつながりに安住せず、それを土台として活かしていく。

●「好きを仕事にする」というまやかし
  例えばとして紹介されているのは「サーフィンが好きだからサーフショップの店員になる」のではなく、「いい波が来た時にすぐ海に行ける自由さ、海の近くの住まい、手に入れたいライフスタイルを実現するための仕事を探す」。

    

『どれがあなたにとって役立つかはわかりません。大事なのは「自分にどう落とし込むから」と考えながら、実践し、取捨選択していくこと[p.186]』

と締めくくられています。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

ご閲覧ありがとうございます
今日もご訪問ありがとうございます。のべ10万閲覧、本当にありがとうございます。(^―^)
最新記事
禁煙の部屋増やしてよ
ビジネスホテルに泊まる際、私は禁煙部屋を希望するようにしています(自分が吸いませんので)。しかしながら、予約する時いつも禁煙部屋から予約が埋まってしまいます。
      02045
カープに注目
男気黒田が帰ってきました。ヤンキースからの高額契約を断っての広島。プロ野球というシビアな世界で、お金がすべてではない価値観、カッコいいと思います。人としても広島の土砂災害で人知れず(気づいた人はわかった)訪問していたというエピソードも立派です。
       
大塚家具の件
マスコミは親子の骨肉の争い、お家騒動という論点で報道していますが、ちょっと違うのではないかと思います。
読書時間を確保するコツ
①車で出かけず電車で読む②机、ベッド、鞄、トイレなどいろいろなところに読みかけの本を置いておく③空き時間ができれば読む④同時に何冊か読む ⑤待ち合わせには早めに行って読書する⑥たくさん読む(100冊を超えると格段に読むスピードが早くなっていることに気付く)⑦ランチが出てくるのを待っている間に読む⑧入浴しながら読む⑨旅行・出張は本持参で⑩休日に読書する時間をつくる⑪夜は本を読みながら寝る
OK
はだしのゲン
はだしのゲンを小学校の図書室、学級文庫に置いていることに対してクレームを言ってくる親がいることには残念でなりません。過激な描写もありますが、現実です。それを受けて閉架図書として生徒の手に取れないところに置くようにした学校側にもがっかりです。2013.8
コンビニの年齢確認
コンビニでお酒を買うとレジで年齢確認のボタンをタッチするように言われます。はっきり言ってめんどくさい。どうみても私は20歳以下ではないのに・・・・。2013.10
       考える人2
連覇という偉業
アメフトではオービックシーガルズがV4、ラグビーでは帝京大学がV5、それぞれスゴイことだと思います。連覇するのは当然難しいことで、しかも帝京大は学生チームです。主力メンバーが毎年大幅に入れ替わる中での偉業です。
 
アスリートのこだわり
ソチオリンピックではアスリートの〝こだわり〟を見ました。 浅田選手のトリプルアクセル。転倒するリスクが高いのにそれに挑戦する勇気、あえてやらなくてもメダルは取れる可能性があるのをわかったうえでやる。トリプルアクセル=自分、というこなのだと思います。カッコ良すぎです。 次に、モーグル上村選手、点数の評価基準が変わってもこれまでやってきた縦にスピードある攻めた滑りにこだわり、そして本番でも実践しました。採点云々、そんなことわかってる、これが私の滑り・・ということだと思います。実際、タイムも早かったがメダルには届かず、しかし、カッコ良すぎです。
   
渋滞による損失
先日、新聞で渋滞による損失、という記事を読みました。 国土交通省によると全国で年間に発生する渋滞損失は約38.1 億人時間、1人あたりに換算すると年間30 時間の時間損失、貨幣価値換算すると約12 兆円。環境問題、経済的損失を引き起こしているそうです。
  
消費税8%
ついに消費税8%が始まりました。総理、国のムダ削減も忘れずに進めてください。議員定数削減の話もトーンダウンしましたが忘れていませんよ。
   
こんなことあり?
本日よりWindowsXPのサポートが終了します。そのため、Windows8に更新しないとネット接続した際の危険性が約20倍になるとのこと。だから8に更新してください・・・・・。
新幹線のシートはどこまで倒す
ご存知のとおり新幹線のシートはリクライニング機能がついています。しかし、全開で倒されると後ろに座っている人にはちょっと圧迫感があります。従って多くの乗客は、常識的範囲として半分ぐらいまで、ちょっと倒すようにしているかと思われます。2014.01
    02045
残しておけばよかった
国立競技場問題は残念です。他国のオリンピックなどでメインスタジアムの建設が遅れているというニュースを見て「いいかげんな国だなぁ」なんて思っておりましたが、日本はもっといいかげんでした。
国立競技場
空港バスでのマナー
羽田空港からの空港バス、本日は満席です。そんな状況の中で2人掛けシートの隣に自分の荷物を置いて一人で座っている人が必ずいます。
   
カレンダー
ブログをアップした日は黒く表示されます。
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログのイラスト
いつもブログに使用しておりますイラストは〝しみずけいた〟というイラストレーターの作品です。ソースネクスト社「SUPER具満タン」というソフトに入っています。
   
せき、くしゃみのエチケット
多くの人がせきやくしゃみをする際、周囲に迷惑をかけないよう手で口元を覆います。これが良くないといつも思います。正しくはマスクをする、ティッシュやハンカチで覆う、無ければ上着の内側やそで、腕で覆う。
   
プロフィール
私は50代の企業で働く営業マンです。 楽しい仲間と仕事をEnjoyし、充実した毎日を送っております。「仕事ができるビジネスマン」を目指しつつも、人とちょっと違う、変わったところのある、面白サラリーマンでありたい!」これが自分のビジョン。 そうなるために2009年9月よりブログを始め、読んだ本をもとに知識をインプットし、そこから影響を受けたことを中心にアウトプットさせていただいております。読書録のデーターベースを作っているイメージ。これが戦略・戦術のひとつで当面の目標1000冊。
   
新型コロナウイルス
新型コロナウイルスで大変なことになっています。感染者の国内及び世界での増加、イベント自粛、学校閉鎖、仕事自宅待機、スポーツ無観客または中止、春の甲子園中止、マスク欠品、デマによるトイレットペーパー一時欠品、東京オリンピックどうなるのか問題、日経平均株価下落、NYダウ乱高下、世界経済の停滞・・・いろいろなことが起こりました。
   
肺炎による死亡率
新型コロナウイルスによる肺炎で多くの方々が亡くなっています。恐ろしいウイルスではありますが、もともと肺炎による死亡率は高いのです。2019年11月に厚生労働省が発表した2018年のデータをご紹介します。
 
ブログ内検索フォーム
ここからブログ内を検索することができます。
カテゴリー
ブログタイトルの趣旨
「ちょっと知的にサラリーマン」というタイトルは「知的なサラリーマンが書いているブログ」という意味ではなく、「凡人サラリーマンが知的になるために読書してブログを書いている」という意味です。 時々、私のことを「知的サラリーマン」と呼んでいただける方々がいて、誠にありがたい?のですが、少し、ニュアンスが違います。
メールフォーム
私のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

卒業式に思うこと
この時期になると卒業式が話題になります。それぞれ別の道を歩んでいく同級生との別れ、これまでご指導いただいた先生方との別れに皆泣いているシーンを拝見します。
    
モリトモ、カケ問題
様々な問題がある中、国会で「記憶にございません」「資料(メモなど)はありません」これで済んでは困ります。情報開示のあり方、記録の取り方、文書(手帳のメモ含む)の保存方法などきちんとしたルールを決めてほしいものです。もちろん真実を明らかにしてからの話です。
   腰イタ
築地移転問題
いい加減な話が出てまいりました。盛り土をやめて地下の有効活用?昔の都知事が言った、言わない。都の担当からの提案だったか、いや、そうではない?
   
ビジネスシャツの襟
これまで私は仕事用のビジネスシャツはボタンダウンを選んでおりました。理由は前からそうで、なんとなくカッコいいと思っておりました。 ところが、先日、友人より「ボタンダウンはカジュアル、世界各国の大統領、首相が公式の場でそんなの着ていない」と言われ、以降、気にしてニュースなど見てみますとそのとおりでした。(-_-;)ガーン。
 
サッカー2018年W杯
初戦の日本VSコロンビア戦を観賞中です。ファウルもらい合戦(シミュレーションばかり)ほとんど触れていないのに、コケて痛がる。やめませんかサッカー界全体で。ビデオジャッジでシミュレーションした選手は一発退場することで抑止力が働くと思います。
サッカー
バントの有効性
高校野球ではノーアウトでランナーが出塁するとほぼ必ず送りバントとなります。本当に有効なのでしょうか?以前、ノーアウトランナー1塁とワンアウトランナー2塁の場合で勝率を調べたところ前者の方が2~4%勝率が高いことを紹介させていただきました。しかも高校野球には4割打者や5割打者はたくさんいるのにとも思います。
銭湯のマナー
銭湯が好きでよく行きます。特に冬。寒い日はシャワーではツライ、でも自宅の湯船に湯をはるのも面倒、こんな時には銭湯へGO!となります。