FC2ブログ

小さな実験から始めてみよう


何を捨て何を残すかで人生は決まる “小さな実験”から始めてみよう



著者の本田氏はレバレッジコンサルティング株式会社の代表取締役。
ハワイと日本に拠点に置き、世界中を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送っています。
コンサル、作家、サーファーなど様々な顔を持っている人物です。
考え方が大変興味深く、これまでいろいろ読んでまいりました。

関連リンク 「常識の枠を超える
関連リンク 「あこがれのノマドライフ
関連リンク 「キャリアミックス
関連リンク 「自分をプロデュースする
関連リンク 「レバレッジ・リーディング
関連リンク 「サラリーマンにも必要なサバイバル思考


本書でもたくさん面白いことが書かれていましたので、一部抜粋しご紹介します。

●「人生を縛る常識」を持たない
  人からどう思われてもいい、持たない生き方に必要なのは、「自分を持つ」という覚悟。一度流れから飛び降りてみることも大切だとしています。「流れ」とは例えばいい大学出て、大企業に勤めて、管理職まで昇進し、定年まで勤めあげるなど。

●「なくてもいい物」を持たない
  持つことをあきらめるという消極的な選択ではなく、あえて捨てることで自由になる。定期的に物と環境を「リセット」することは重要。

●「必要以上のつながり」を持たない
  輪から外れると生きられないという思い込みを捨てる。社内、学校。地縁など用意されたつながりに安住せず、それを土台として活かしていく。

●「好きを仕事にする」というまやかし
  例えばとして紹介されているのは「サーフィンが好きだからサーフショップの店員になる」のではなく、「いい波が来た時にすぐ海に行ける自由さ、海の近くの住まい、手に入れたいライフスタイルを実現するための仕事を探す」。

    

『どれがあなたにとって役立つかはわかりません。大事なのは「自分にどう落とし込むから」と考えながら、実践し、取捨選択していくこと[p.186]』

と締めくくられています。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

大人の遊び方また読みました


一度きりの人生だから 大人の男の遊び方2



ご存知週刊誌のエッセイを本にまとめたもの。著者の本はたくさん読んできました。

関連リンク 「目上の人との飲み方

立教大学野球部、広告代理店勤務、松田聖子、薬師丸ひろ子、和田アキ子などの演出家、ギンギラギンにさりげなくなどの作詞家、そして作家、そして夏目雅子さんの夫、現在過去と様々な経歴を持つ方です。

内容は旅の話、大人の作法の話、人との出逢いの話などサッと読める短編集です。

  

星野仙一氏とのエピソードが書いてありました。

『時折、夜の銀座で逢うと、挨拶し言葉を交わしたが、いつも言うことは同じで、「伊集院、こっちのテーブルに来るナ。せっかくくどいていたホステスがおまえを見る。早くむこう行け」と笑っていた[p.248]。』

星野氏のやさしく、面倒見のいい一面が他にも書かれていました。(そっちを紹介しろよとツッコむのはやめてください笑)

関連リンク 「星野仙一に怒鳴られる

もうひとつ面白いところが以下です。

『私は食とか味の話はほとんど書くことがない。それはグルメと称する評論家や、その道のエキスパートの書く文章と、当人たちの面が気に入らないからである[p.289]。』

何か文句があるなら直接来なさい、とも書いてあります。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

叱るコツ


あなたが変わるまで、わたしはあきらめない 努力する心の育て方




皆さんご存知のシンクロ日本代表のコーチ。現在、世界水泳 韓国・光州2019が開催されています。
そして、少し前に名称が変更され「アーティスティックスイミング」となりました。
「シンクロナイズド」の意味は「同調性」、ソロや混合種目ではそぐわないというのがその理由。

井村さんは選手を怒鳴りつけているシーンが印象的ですが、本書によりますと、そうしているのは、優しく言うと耳に留めてくれない選手がいるから仕方がない、そもそも本当のことを言っているだけと述べています。
そして、本当のことを言ったら、次に直す方法言わなければならなりません。
最後には、直したのがそれでいいかどうかを伝える。

この三つを「叱る絶対三点セット」としています。

 ①相手の悪いところをはっきり指摘する
 ②それを直す方法を伝える
 ③直したのがそれでいいかどうかを伝える

   

テレビでは叱るところを中心に映すから、誤解されているとも述べられていました。そうかもしれませんね。

もし私がテレビ局のディレクターだとしますと、「アーティスティックスイミング日本代表=井村さんが選手を怒鳴りつける」、このシーンがないと始まりません。

関連リンク 「ムカつかれて結構

コレを読むと日本代表をさらに応援しようと思いたくなる一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

聚楽第とは


古地図で歩く古都・京都



前回、豊臣秀吉の「聚楽第」が出てまいりましたが、どんな建物だったのかあまり知りませんでしたので、本書で確認しておきます。

1585年に豊臣秀吉が関白に就任、その翌年から着工し完成しました。
平安京の大内裏跡(二条城のちょっと上あたり)に建てられ、京都での政庁兼邸宅でした。
規模は全長約1,800メートルの内郭(本丸)と全長約5,400メートルの外郭からなり、ちょっとした城のような規模です。
最近の発掘調査で聚楽第跡から大量の金箔瓦が出土していますので、外見は金色だったと考えられています。
しかし、わずか9年で豊臣秀吉自ら破却してしまいます。

やっとの思いで授かった嫡男の鶴松が3歳で夭逝し、甥の秀次を後継者として聚楽第を譲り渡しました。
しかしその2年後、淀殿が秀頼を出産し、結果として秀次の存在がじゃまになってしまいます。
こうして秀吉と秀次の関係に徐々に亀裂が入り、謀反の疑いを名目にして秀次を切腹させてしまいます。それと同時に秀次の邸宅でもあった聚楽第も壊されることとなったのです。

    大工

現在は「聚楽第址」として石碑があるだけですが、妙覚寺の表門、西本願寺の飛雲閣、大徳寺の唐門などは聚楽第の遺構として残っています。

数少ない豊臣家の親族を亡き者としてしまい、結果、大坂の陣で豊臣家が滅んでしまうのはご存知のことと思います。以前、ご紹介したリンクです。

関連リンク 「大坂の陣
関連リンク 「焦る家康
関連リンク 「大坂方が勝つための大戦略



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

太閤殿下と京都


古地図で歩く古都・京都



前回からの続きです。

京都の繁華街にある新京極通、その隣の寺町京極のある寺町通には、名前のとおりお寺がたくさん集まっています。
お土産屋さんもたくさんあって修学旅行でいらっしゃった方も多数おられることと思います。

   

お寺がたくさんある理由は、前回にも出てまいりましたが、これまた豊臣秀吉が「聚楽第」を作るため、120もの寺院を京の都(みやこ)の端に移転させたからだそうです。

〝京極(きょうごく)〟は京の極(きわ)、つまり〝都のはて、はし〟という意味になります。
今では人々が賑わう繁華街の中心地ですが以下のように書いてありました。

『そもそも寺町通は、平安京の道路・東京極大路に端を発する。当時の道幅は十丈(約三十メートル)。洛中の東を画する境界であり、今日の寺町通とはまったく異なる性質を有した通りだった[p.94]。』

寺町通で洛中、洛外の境目があったのですね。

ご存知のとおり豊臣秀吉は京都の建築、道路などの都市整備に大きく関わってきましたし、お墓*も京都にあります。
そして太閤殿下に会いに行くなら妻の寧々様の高台寺の前にある「高台寺掌美術館」に歴史の教科書で何度も拝見したあの肖像画があります。(数年前に見ましたが今見ることができるかは不明です)

*豊国廟
京都市東山区にある阿弥陀ヶ峰の山頂にあり、標高196m、長い階段を登っていくことができます。


お寺移転の要因となった「聚楽第」は次回で紹介します。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

ブラタモリの影響で


古地図で歩く古都・京都



NHKの番組、タモリさんの「ブラタモリ」が好きでよく観ています。
いろいろな所を訪れる旅番組?なのですが、着眼点が面白いのです。
地形、道、坂、カーブ、地質などを見て、なぜそうなっているのかを様々な専門家が登場し、歴史的観点から解き明かしてくれます。
博識で何でも知っているタモリさんと地形のことなど全くわかっていないアシスタントのNHK女性アナウンサーもいい味がでています。

最近、本にもなりシリーズ化されています。


そういう面白い見かたがあるのかと感心します。
私の住んでいる街は城下町で、不自然な段差、傾斜、クランクがあり昔のお城や城下町の形跡を見つけることができます。

そういうこともありまして本書を購入してみました。

   

川は無いのに「今出川」という地名があります。これは明治時代に市電の開通と共に暗渠化(蓋などで覆い、地上から見えなくすること)されたため。

源義経と弁慶が出会ったのは「五条大橋」とされています。ただし、五条大橋はその後、豊臣秀吉が架けた橋だそうで、本当は五条大橋から240メートル北に位置する現在の「松原橋」。

そんな感じで古地図と照らし合わせながら面白いことがたくさん紹介されています。

牛若丸が弁慶の大薙刀をひらりひらりとかわして、欄干の上にスッと立ち、そしてくるりと回転しながら扇を弁慶の頭に打ち据える・・・・あの名勝負のシーンが蘇ってきます。 

京都好きな人または京都の人で、かつブラタモリが好きな人にオススメの一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

戦後も続いた女性の戦い


水曜日の凱歌



毎年この時期には戦争に関する本を1冊は読むようにしています。知らなかった歴史の事実を知りました。
本書は戦後すぐ国内に開設された「特殊慰安施設協会」を舞台としたストーリーです。

時代の流れ、世の中の変貌に翻弄される鈴子(表紙の女の子)と、その流れとともに変わりゆくお母さんの姿と自分の生活。
戦時中、東京に住んでいた鈴子は、ついこの前まで母とともに空襲で逃げまどい、生きるか死ぬかの日々でしたが、戦争が終わると母が特殊慰安施設協会で進駐軍相手に通訳の仕事に就くこととなりました。

特殊慰安施設協会とは

『日本が進駐軍の性暴力に備えるために女性を募り、東京・大森海岸や静岡県・熱海など日本各地に慰安所を作った実在の組織。5万人を超える女性が売春や娯楽を提供したとされる。通称RAA [p.本書帯より]』

    困った

そこでしたたかに生きていく母、そこで働く女性達、変わり果てた姿で再会する友人、戦後の女性の戦いが描かれています。
鈴子の生活もどんどん変わっていき、一気に読める内容でした。

核開発、テロ、外交、環境問題、人種差別、あの国はとんでもない国だと思うことがよくありますが、日本も少し前までむちゃくちゃな国でした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

ホテルの部屋の乾燥を防ぐには


伝説のホテルマンが教える 大人のためのホテルの使い方



ホテルに宿泊する際に困るのが「乾燥」。
こんな時のいい方法が紹介されていました。

『乾燥を防ぐ一番いい方法は、バスタブに水をためておくことです。さらに裏技として、乾燥がひどい場合は、水をためたバスタブにバスタオルを半分だけ浸し、残りの半分をバスタブに外に掛けておくと、タオルに水が吸収され、その面が空気に接することでより効率よく蒸発します。バスタブに水をためるときにボディーソープかボディローションを垂らしておくと、アロマ効果で室内にほんのりいい香りが漂います[p.77]。』

   

グッドアイデアです。
よくホテルには泊まりますので、試してみます。
もちろん私が泊まるのは高級ホテルではなく、ビジネスホテルです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

旅先で食べてみよう


極みのローカルグルメ旅

極みのローカルグルメ旅 (光文社新書)極みのローカルグルメ旅 (光文社新書)
(2012/02/17)
柏井 壽

商品詳細を見る


著者は京都で開業した歯科医であり、作家でもあるという珍しい経歴の方です。
全国津々浦々の「B級グルメ」が紹介されています。よく聞く有名なもの(テレビの秘密の県民ショー)から知らないものまでが紹介されていて興味深い内容でした。

一例として
 ・名古屋のあんかけスパゲティ(未)
 ・金沢のハントンライス(未)
 ・松本の山賊焼き(未)
 ・岡山のそば屋のカツ丼(未)
 ・弘前のイカメンチ(済)
 ・盛岡のじゃじゃ麺(済)  等々

 ※(未)私が食べたこと無し、(済)食べたこと有り
      

旅行、出張の際は本書をチェックしてから行ってみようと思っています。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

日本軍の実態


日本軍兵士 ― アジア・太平洋戦争の真実



本書はこれまであまり焦点をあてられてこなかった切り口から、太平洋戦争における日本軍の内情、実態を述べた興味深い内容でした。多くの書店で、新書コーナーに平積みしてある本です。

太平洋戦争での死者は軍関係者、民間人合わせて310万人にもなります。
ただし、その9割が1944年以降という事実に驚きます。終戦が8月ですので約1年半の間です。(終戦以降も一部で戦争状態は続きましたが)

同じく、1944年以降の戦病死者が全戦没者のなかに占める割合は73.5%、ほとんどの兵士が病気で亡くなっていたという事実にさらなる衝撃を受けました。

     困った

また、日中戦争以降の軍関係者の戦没者数は230万人、そのうち61%が餓死(マラリヤなどに感染して病死した広義の餓死者含む)という実態。このようになった最大の要因は、制海・制空権を失ったことで補給を完全に断たれたことをあげています。

海没死(船が沈没し、溺れて亡くなる)は35万8千人。日露戦争における総戦没者数が8万8千人であったことからも海没死の多さにも驚きです。

硫黄島の戦闘では敵弾で戦死したと思われるのは30%程度、残りの7割の日本兵は、自殺などで亡くなったというこれまた驚きの実態が示されています。

歯科医師による治療システムがほとんど無いため、最前線での虫歯の蔓延も深刻な問題でした。

遅れた近代化、機械化、日露戦争からほとんど進化していない兵器や戦術、衛生面そして通信技術。当時の国産技術では対応できなかった自動車やミシン(軍服の縫製)など。様々な技術と考え方の遅れがデータや文献とともに紹介されています。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

ご閲覧ありがとうございます
今日もご訪問ありがとうございます。のべ10万閲覧、本当にありがとうございます。(^―^)
最新記事
空港バスでのマナー
羽田空港からの空港バス、本日は満席です。そんな状況の中で2人掛けシートの隣に自分の荷物を置いて一人で座っている人が必ずいます。
   
残しておけばよかった
国立競技場問題は残念です。他国のオリンピックなどでメインスタジアムの建設が遅れているというニュースを見て「いいかげんな国だなぁ」なんて思っておりましたが、日本はもっといいかげんでした。
国立競技場
新幹線のシートはどこまで倒す
ご存知のとおり新幹線のシートはリクライニング機能がついています。しかし、全開で倒されると後ろに座っている人にはちょっと圧迫感があります。従って多くの乗客は、常識的範囲として半分ぐらいまで、ちょっと倒すようにしているかと思われます。2014.01
    02045
こんなことあり?
本日よりWindowsXPのサポートが終了します。そのため、Windows8に更新しないとネット接続した際の危険性が約20倍になるとのこと。だから8に更新してください・・・・・。
消費税8%
ついに消費税8%が始まりました。総理、国のムダ削減も忘れずに進めてください。議員定数削減の話もトーンダウンしましたが忘れていませんよ。
   
渋滞による損失
先日、新聞で渋滞による損失、という記事を読みました。 国土交通省によると全国で年間に発生する渋滞損失は約38.1 億人時間、1人あたりに換算すると年間30 時間の時間損失、貨幣価値換算すると約12 兆円。環境問題、経済的損失を引き起こしているそうです。
  
アスリートのこだわり
ソチオリンピックではアスリートの〝こだわり〟を見ました。 浅田選手のトリプルアクセル。転倒するリスクが高いのにそれに挑戦する勇気、あえてやらなくてもメダルは取れる可能性があるのをわかったうえでやる。トリプルアクセル=自分、というこなのだと思います。カッコ良すぎです。 次に、モーグル上村選手、点数の評価基準が変わってもこれまでやってきた縦にスピードある攻めた滑りにこだわり、そして本番でも実践しました。採点云々、そんなことわかってる、これが私の滑り・・ということだと思います。実際、タイムも早かったがメダルには届かず、しかし、カッコ良すぎです。
   
連覇という偉業
アメフトではオービックシーガルズがV4、ラグビーでは帝京大学がV5、それぞれスゴイことだと思います。連覇するのは当然難しいことで、しかも帝京大は学生チームです。主力メンバーが毎年大幅に入れ替わる中での偉業です。
 
コンビニの年齢確認
コンビニでお酒を買うとレジで年齢確認のボタンをタッチするように言われます。はっきり言ってめんどくさい。どうみても私は20歳以下ではないのに・・・・。2013.10
       考える人2
はだしのゲン
はだしのゲンを小学校の図書室、学級文庫に置いていることに対してクレームを言ってくる親がいることには残念でなりません。過激な描写もありますが、現実です。それを受けて閉架図書として生徒の手に取れないところに置くようにした学校側にもがっかりです。2013.8
読書時間を確保するコツ
①車で出かけず電車で読む②机、ベッド、鞄、トイレなどいろいろなところに読みかけの本を置いておく③空き時間ができれば読む④同時に何冊か読む ⑤待ち合わせには早めに行って読書する⑥たくさん読む(100冊を超えると格段に読むスピードが早くなっていることに気付く)⑦ランチが出てくるのを待っている間に読む⑧入浴しながら読む⑨旅行・出張は本持参で⑩休日に読書する時間をつくる⑪夜は本を読みながら寝る
OK
大塚家具の件
マスコミは親子の骨肉の争い、お家騒動という論点で報道していますが、ちょっと違うのではないかと思います。
カープに注目
男気黒田が帰ってきました。ヤンキースからの高額契約を断っての広島。プロ野球というシビアな世界で、お金がすべてではない価値観、カッコいいと思います。人としても広島の土砂災害で人知れず(気づいた人はわかった)訪問していたというエピソードも立派です。
       
禁煙の部屋増やしてよ
ビジネスホテルに泊まる際、私は禁煙部屋を希望するようにしています(自分が吸いませんので)。しかしながら、予約する時いつも禁煙部屋から予約が埋まってしまいます。
      02045
カレンダー
ブログをアップした日は黒く表示されます。
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログのイラスト
いつもブログに使用しておりますイラストは〝しみずけいた〟というイラストレーターの作品です。ソースネクスト社「SUPER具満タン」というソフトに入っています。
   
カルビーポテトチップス12本
新しく発売されたカルビーさんのクリスプブラックペッパー味の感想です。
   
モリトモ、カケ問題
様々な問題がある中、国会で「記憶にございません」「資料(メモなど)はありません」これで済んでは困ります。情報開示のあり方、記録の取り方、文書(手帳のメモ含む)の保存方法などきちんとしたルールを決めてほしいものです。もちろん真実を明らかにしてからの話です。
   腰イタ
ビジネスシャツの襟
これまで私は仕事用のビジネスシャツはボタンダウンを選んでおりました。理由は前からそうで、なんとなくカッコいいと思っておりました。 ところが、先日、友人より「ボタンダウンはカジュアル、世界各国の大統領、首相が公式の場でそんなの着ていない」と言われ、以降、気にしてニュースなど見てみますとそのとおりでした。(-_-;)ガーン。
 
ブログ内検索フォーム
ここからブログ内を検索することができます。
カテゴリー
プロフィール
私は40代の企業で働く営業マンです。 楽しい仲間と仕事をEnjoyし、充実した毎日を送っております。「仕事ができるビジネスマン」を目指しつつも、人とちょっと違う、変わったところのある、面白サラリーマンでありたい!」これが自分のビジョン。 そうなるために2009年9月よりブログを始め、読んだ本をもとに知識をインプットし、そこから影響を受けたことを中心にアウトプットさせていただいております。読書録のデーターベースを作っているイメージ。これが戦略・戦術のひとつで当面の目標1000冊。
   
ブログタイトルの趣旨
「ちょっと知的にサラリーマン」というタイトルは「知的なサラリーマンが書いているブログ」という意味ではなく、「凡人サラリーマンが知的になるために読書してブログを書いている」という意味です。 時々、私のことを「知的サラリーマン」と呼んでいただける方々がいて、誠にありがたい?のですが、少し、ニュアンスが違います。
バントの有効性
高校野球ではノーアウトでランナーが出塁するとほぼ必ず送りバントとなります。本当に有効なのでしょうか?以前、ノーアウトランナー1塁とワンアウトランナー2塁の場合で勝率を調べたところ前者の方が2~4%勝率が高いことを紹介させていただきました。しかも高校野球には4割打者や5割打者はたくさんいるのにとも思います。
サッカー2018年W杯
初戦の日本VSコロンビア戦を観賞中です。ファウルもらい合戦(シミュレーションばかり)ほとんど触れていないのに、コケて痛がる。やめませんかサッカー界全体で。ビデオジャッジでシミュレーションした選手は一発退場することで抑止力が働くと思います。
サッカー
銭湯のマナー
銭湯が好きでよく行きます。特に冬。寒い日はシャワーではツライ、でも自宅の湯船に湯をはるのも面倒、こんな時には銭湯へGO!となります。
   
築地移転問題
いい加減な話が出てまいりました。盛り土をやめて地下の有効活用?昔の都知事が言った、言わない。都の担当からの提案だったか、いや、そうではない?
   
卒業式に思うこと
この時期になると卒業式が話題になります。それぞれ別の道を歩んでいく同級生との別れ、これまでご指導いただいた先生方との別れに皆泣いているシーンを拝見します。